2014.03.07

オトナ女子を苦しめる!「大人ニキビ」の対処法


みなさん、こんにちは。
美容家/ビューティコンサルタントの斎藤可奈子です。

前回、お話しした「思春期ニキビ」。
これは主に10代によくみられるニキビです。
しかし、それ以降の「大人ニキビ」も私たちを悩ませる大敵です。

今回は「大人ニキビ」の原因と対処法を知って、正しいケアを行いましょう。

大人ニキビとは?

「大人ニキビ」とは、その名の通り、思春期を過ぎて大人になってからできるニキビのことです。
よく見られる症状は以下の通り。
・口やあご周りにニキビができることが多い
・生理前になるとニキビができやすくなった
・ポツポツとしたニキビが繰り返しでき、治りも遅い
・ニキビは乾燥してカサついている

大人ニキビの原因は、人によって様々で、1つに絞れないことが大きな特徴です。
ストレス、ホルモンバランスの崩れ、不規則な食生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、間違ったスキンケアなど様々な要因が考えられます。

大人ニキビの原因1:ターンオーバーの乱れ

大人ニキビの1番の原因と言われているのが、お肌の代謝が悪くなることからくるターンオーバーの乱れ。
ターンオーバーとはお肌の生まれ変わりのことで、新しい細胞と古い細胞が、約28日周期で入れ替わる、お肌の新陳代謝のサイクルです。
ターンオーバーが遅くなると、いらなくなった古い角質が毛穴をふさいでしまいます。
さらに、ターンオーバーの低下によって、毛穴がふさがれてしまい、角質が厚く、堅くなることによって、お肌が乾燥します。
お肌の乾燥は大人ニキビをさらに頑固にさせる原因ともなります。
こうなることで、ふさがってしまった毛穴にアクネ菌が繁殖し、そこでできた炎症が大人ニキビとなってしまうのです。
乱れてしまったお肌のターンオーバーを整えるには、ピーリングなどの角質に働きかける化粧品でケアすることがおすすめです。

大人ニキビの原因2:ストレスや生活習慣

次に多いと言われているのが、「ストレスや生活習慣」によるものです。
現代人にとって悩みの種でもある、ストレスや睡眠不足などによる生活習慣の乱れ。
これらによって起こってしまうのがホルモンバランスの崩れです。
ストレスによって、ニキビの原因のアクネ菌が増えたり、ホルモンバランスの崩れによって、皮脂が増えて、大人ニキビの原因となります。
また、外食やコンビニ、ファーストフードなどの食生活による「栄養バランスの乱れ」も大人ニキビの原因の1つ。
対処法は、ニキビ予防に必要な栄養素である、「ビタミン」や「ミネラル」を上手に摂取すること。お肌のターンオーバーの働きを高め、毛穴の詰まりを防止したり、ニキビ菌の殺菌をしてくれます。

大人ニキビの原因3:便秘

ニキビ同様に女性に多い悩みの1つが「便秘」です。
この便秘は大人ニキビの原因でもあったのです。
便秘になると身体の中で、活性化酸素が増えてしまったり、デトックスできていない状態になるため、身体の中に不要なものが溜まってしまいます。これにより、大人ニキビができてしまうのです。
正しい生活で食物繊維を多く摂取したり、適度な運動で腸を活性化して、便秘を解消してあげましょう。

おわりに

いかがでしたか?
2回に渡って「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」という2種類のニキビのお話しをしてきました。
「ニキビ」ができていると本当にテンションもさがり、何もかもが嫌になってしまうほど…。
しっかりとニキビの原因と対処法を知って、ニキビのない健康なお肌を目指しましょう。

(斎藤可奈子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事