2014.03.06

「サゲマン」になっちゃう!?彼をダメにする女性の特徴・4選


男性は、アゲマンと付き合いたいと常々思っています。恋人によって、自分の仕事や人生のスタンスは大きく左右されます。お互いを高め合える関係でないと、長続きはしないでしょう。そして自分が思っていなくても、ちょっとした言動で男性の気力を削いでしまい、「サゲマン」になってしまってるという可能性は大いにあります。

今回は、男性をダメにするサゲマンの特徴をご紹介したいと思います。

1. 男性に共感しない

「男の気持ちを汲み取れないというか、共感すらしない彼女はイラっとくるね。付き合って行っても理解が深まらない女の子っているからね。喜びを分かち合えない女性に対しては、何かを頑張ろうとは思えない」(27歳/保険) 

女性もそうであるように、男性だって共感されたい時があります。仕事が上手く行ったときや、何かを達成したときに一緒に喜んでくれる彼女でないと心を段々と閉ざすようになります。幸せを分かち合うことで、男性はまたその幸せを彼女にも分けてあげようと頑張るのです。共感がないと頑張るモチベーションも減ります。

2.相手に尽くし過ぎる

「一時期なんでもしてくれる彼女がいて、そんときはダメになったね。彼女がいれば生きて行けるし、俺がダメでも大好きだって言ってくれてたから。尽くされるのは嬉しいけど、いいことはないね」(25歳/メーカー)

男性は、尽くされるとそれに甘えてしまいます。全ての男性はマザコンなので、母性を持って接してこられるとついつい気が緩んで頑張りをさぼってしまいます。相手に尽くす事が、本当にお互いのプラスになっているかよく考えましょう。恋に恋している実感として、尽くしているだけの女性は多いです。

3.褒めない

「俺のことダサイとかセンスがないって認めてくれない彼女のときは辛かったね。やっぱ男のプライドというか、それが折れて本当にダメな男なんだってふさがっちゃったからね」(26歳/銀行)

男性は、女性に認められたいと思っています。褒めて欲しくて何事も頑張っています。褒めるのが苦手、恥ずかしいというスタンスの女性は彼のプライドやヤル気、自尊心を満たすことはできません。褒められないということは、男性にとって安心と安らぎが生まれません。褒められるから、また褒められるように頑張ろうというサイクルを生めないのです。

4.ネガティブ思考

「彼女が後ろ向きの考え方をするから、どんどん自分もマイナスに考えるくせがついた。現実的というか、夢とか可能性をつぶす考えだから何事も萎縮しちゃうよね」(29歳/放送)

男性は、ロマンチストで夢見がちです。女性は、現実的な考え方をすると言われています。しかし現実的だからといって、何事もリスクを避けてネガティブに考えていると一緒にいる男性は、気持ちが落ち込みます。一緒にいて自然とポジティブになってしまう女性こそがアゲマンです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
 
男性は、付き合う女性によって大幅に変わります。自分がアゲマンになれば玉の輿も夢じゃありません。男性を育てる気で、伸びる男をつかまえましょう! 

 (白武ときお/ハウコレ) 

関連記事