イマドキ女子の引き算美人メイク


甘くかわいいガーリーメイクはもう古い!? イマドキおしゃれ女子の主流は、ガーリーよりもちょっぴり引き算した美人メイク。甘くスウィートなメイクもかわいいけれど、ほんのりクールな美人顔が今の気分かも。大人の雰囲気をちょっと醸し出す、キメすぎていない美人メイク。今回はそんな旬顔テクニックをご紹介しちゃいます。

ガーリー顔▼

1. 眉山なしのちょっぴり太眉


引き算メイクのポイントその1は、眉毛にあり。ガーリーメイクの定番と言えば、太くぼかした韓流眉。でも、美人メイクで大切なのは太さや濃さよりも形。太すぎ or 細すぎ眉はNGだけど、眉山しっかりのガッチリ眉はもっとダメ! まずは、アイブロウパウダーの明るい色をチョイスし、ちょっぴり太眉を意識しながら、眉山を作り過ぎないように眉毛を描いていきます。眉尻部分だけ、少し下げるような気持ちで仕上げましょう。

2. アイシャドウは無駄なグラデを排除


続いて、アイメイク。定番は3~4色を使ったグラデシャドウメイクですが、今回の美人顔で使うのは2色。まずは、落ち着いたベージュ系のパール入りシャドウをベースに。ブラシを使ってアイホール全体にのせていきましょう。次に、二重幅分には少し濃い目のブラウンシャドウを塗っていきます。どちらも目元のシェイプに合わせた、アーモンド形を意識するとキレイに仕上がりますよ。

3. アイライナーは隠し色で


アイシャドウが塗り終わったら、アイライナーを引いていきます。ここでは、ネイビーのペンシルアイライナーをチョイス。目頭から目尻に向かって、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように、目尻より3mmほど長めに引いていきましょう。
※ブルー系カラーを使うと、白目がキレイに見える効果があるよ!

4. リキッドラインを重ねて


3で引いたネイビーアイラインの上に、ブラックのリキッドアイライナーを重ねていきます。目尻部分は、同じく3mmほどはみ出して、キレ長になるように意識しながら細めに引きましょう。

5. 目尻部分にだけつけまつ毛をオン


目の半分から目尻ちょうどまで、つけまつ毛をオン。ビューラーでまつ毛を上げて、根本からマスカラを塗っていきます。つけまつ毛を付けるときには、まつ毛のキワ、ギリギリのところにのせるのがナチュラルさのカギ。また、つけまつ毛は目尻からはみ出さないように注意するのもポイント。

6. 仕上げカラーはさっぱりオレンジ


最後はチークとリップ。チークは頬の一番高い部分から、頬の真ん中に向かってヘルシーなオレンジのパウダリーチークをのせていきます。



グロスはゴールドベージュで。唇の真ん中を中心にして、左右に塗っていくようなイメージで。薄いベージュ系のカラーで仕上げると、上品な印象に。

7. 引き算美人メイク完成


引き算美人メイクいかがでしたでしょうか? フェミニンなガーリーメイクもいいけれど、たまには美人メイクにトライするのもおすすめ。春が目の前に訪れているこの季節。いつもとはちょっと違う、大人顔にチャレンジしてみてくださいね。

(モデル:大武理菜)
(ヘアメイク:弾塚凌)
(撮影:渡邊明音)