2014.03.07

腐女子が「腐女子バレ」を防ぐために気をつけていること・4つ


BLをこよなく愛す女子たちには、周囲の人に自分の嗜好がバレる、「腐女子バレ」の経験がひとつやふたつ心当たりがあるもの。なかには親にバレてしまって怒鳴られるばかりか、母親に殴られたという、おっかなびっくりのエピソードを持つ女子も少なくありません。

すでに家族や友人に打ち明けられている腐女子ならまだしも、そうではない彼女たちにとって身バレは死活問題です。「絶対にバレないようにしないと…!」と、自分の趣味を徹底的に隠そうと涙ぐましい努力をしている女子も多いはず。

今回は、そんな腐女子が身バレを防ぐのに気を付けていることを、筆者独自取材のもと以下にまとめてみましたので、ご紹介します。

1.毎朝の習慣

「学校に行く前、必ずスマホの待受画像をBLアニメのイラストから、既存のものに替えるのが私の習慣です。パスワードをつけてもいいんですが、それだと友達に怪しまれるので。着信音も旬な曲をチョイス。ストラップもあえて無難なキティーちゃんにします。ちょっと自分を偽っているみたいで、寂しいときもありますけど…」(19歳/大学生)

かなりの徹底している彼女。「ここまでするなら、もうどっちかにしたら?」と疑問に感じる人も多いでしょうが、そこが複雑な腐女子心なのです。純粋にBLにハマっているからこそ、「もっとオープンになれればいいのに、こんなに必死に隠してる…」と、罪悪感も人一倍感じてしまうのかもしれませんね。

2.BLコーナーには行かない

「友達と一緒に書店に行っても、BLコーナーには絶対に向かいません。先日も新刊コーナーで女友達がBL本を見ながら、『こういうの売れているらしいね』というので『らしいね~』と、適当に合わせておきました。まさか新刊が出ていたとは知らなかったので、その時は自分を抑えるのに必死でしたが…」(23歳/製造)

打ち明けていない友達と書店に一緒に行った場合、内心ドキドキする腐女子も多いのでは?上級者であればすでにネットで予約済みかもしれませんが、書店巡りでお気に入りの一冊を見つけるのも楽しいもの。買いたい本がある時の歯がゆさは、まさに自分を試されそうですね。

3.本棚にはカーテンレールを付ける

「彼が突然私の部屋に来たいというので、直前になって本棚にカーテンレールを付けました。一般の本ならそのままでもいいんですけど、BLマンガや小説のタイトルってちょっと卑猥なものも多いじゃないですか(笑)さらに念のため、一般書籍を手前に置いて、ちょっとひと目を避けたい本は裏側に置き換えておきました」(24歳/メーカー)

BLにハマればハマるほど、同人誌を始めとするBL本の置き場に困るのも腐女子の悩みどころのひとつ。友達や彼氏を部屋に呼ぶ際も、それらの書物をどうやって隠すのか…。考え込んでしまう腐女子は、あたかも思春期男子と通じるところがありそうですね。

4.カラオケの選曲を揃えておく

「気を遣いすぎかもしれませんけど、私はメンバーによって選曲を用意できるようにしています。オタク耐性が無い女友達と一緒だと、アニメの主題歌を歌うだけでもドン引き確実だし。オタク友達と一緒だとしても、腐向けと言われているアニメの曲は極力避けて歌うようにしています」(21歳/大学生)

「カラオケぐらい好きに歌えばいいじゃん!」という声が飛んできそうですが、18番がBLアニメの主題歌の腐女子には、できるだけ一般ウケしそうな曲を事前に用意している女子もいるよう。それだけ空気を読む力も研ぎ澄まれそうですね。

おわりに

いかがでしたか?「この程度はすでに実践済み」という腐女子もいれば、「私の腐女子バレ対策はまだ甘いかも…」と感じた腐女子もいるかもしれませんね。腐女子バレを防ぐと同時に、空気を読む力も鍛錬されるのがこれらの対策。こういった行動が苦にならなくなった時、あなたはまた一段、腐女子の階段を上ったと言えるかもしれません。

(柚木深つばさ/ハウコレ)

関連記事