2014.03.10

男性を惹きつける!「うるツヤリップ」を作るための3つの掟


朝のメイクで口紅やグロスをした後、「飲み物を飲むとすぐ取れてしまうし・・」「しばらくするとランチタイムだな」などと、口元のメイクを案外ほったらかしにしていませんか。でも実は、口元のメイクはとても重要。今回は、恋愛力をアップする「魅力的なうるツヤ唇」を作るための3つの掟をご紹介します。

リップメイクが重要な理由

女性は人を見る時、顔全体のイメージや雰囲気を見る傾向があります。一方、男性は、瞳、歯並びなどのパーツ毎に見る傾向があります。
特に口元はセクシーなイメージを与える部分でもあり、意外と男性の視線を集めやすいパーツなので、しっかりとケアしておく必要があります。ではさっそく、うるツヤ唇を作る方法を見ていきましょう。

掟(1)リップクリームは取り出しやすいところに常備

冬の乾燥する時期だけでなく、ちょっと唇が渇いているな・・と気づいた時。
リップクリームはすぐ取り出せるようになっていますか。バックの中がごちゃごちゃしていてポーチを探すのに手間取ったりしていませんか。
その手間が面倒で唇を無防備な状態で過ごしていると、あっという間にガサガサ唇になってしまう・・なんてことも。
まだまだエアコンの暖房などで乾燥しがちな季節。唇がカサつくことで、血色悪く見えてしまうこともあります。こまめにリップケアできるように、すぐ取り出せるところにリップクリームは常備しておきましょう。

掟(2)面倒がらずに即リップケア!

先ほども述べましたが、パーツ毎に見る男性が目元から口元へ視線を落とした時に唇がケアされていないと、『せっかくキレイにメイクしているのに残念だな』という印象を持たれてしまいます。
目元がぱっちり、チークも明るく血色よく見えているのに、口元に色味や艶感がないとせっかくのメイクも中途半端な印象になってしまいます。
メイク直しが面倒くさい、後から直そう・・と自分の都合でやらないでおくと、もしかしたら男性の視線を取り逃がしてしまっているかもしれません。
それでも、手間だな・・・と思う時。口紅をお直しする時間がなくても、リップクリームやリップバームだけでもたっぷり塗ることで、唇にツヤ感を出す事ができます。

掟(3)リップクリームは通常の2倍塗る

リップクリーム売り場を見てみると、『艶っぽい唇』『潤いのある唇に』といったコピーが乱立しています。
それだけ唇は「潤い」のある質感、「艶やか」な印象が求められているという事です。
色っぽさが一番表れるパーツでもあります。
リップメイクする時は、まず口紅やグロスを塗る前に、リップクリームをしっかり塗りましょう。それも今まで塗っていた感覚の2倍以上の量を使ってみてください。
たいていの方は、リップクリーム(スティックタイプ)だと2~3回唇をなぞる程度だと思いますが、リップクリームを塗っただけでウルっと感が出るくらい塗ることをオススメします。そしてその上から口紅やグロスを重ねると、艶やかさが増します。

終わりに

リップクリームだけで潤いのある唇になるように意識して塗っていると、多少唇が渇いたと感じた時でも以前よりは乾燥や唇の荒れを防ぐ事ができます。
そして、こまめに口元のメイクも手を加える事で、「いつもキレイにメイクしている女性」という印象を与えることができます。
女性ならではの唇のうるツヤ感。
これから春に向かってピンクやオレンジなどの明るい色味のリップがそろっています。春らしい明るい印象を与える唇美人になって、男性からの視線をひきつけましょう。

(齋藤友快/ハウコレ)

関連記事