2014.03.11

「チームワーク」がカギ!元サッカー部の男性を落とす方法・4選


「部活とか何かやってたの?」というトークは、出会ってすぐの人の間でよく出るのではないでしょうか。気になった男性がいれば高校時代の部活動を聞いてください。部活動の種類は、人間性を把握するための大きな材料となります。体育会系、文化系、帰宅部などの選択肢の中からその部活を選び、生活しているので、必ずその影響は残っています。

今回は、その中でも元サッカー部の男性を落とし方を、実際にサッカー部に所属していた男性への取材をもとにご紹介したいと思います。

1.友達の誕生日を祝う

「やっぱ仲間は大事かな。チームメンバーとは今も仲いいし、良く遊んでる。女の子ってそういうのなさそうだよね、蹴落そうとしてるイメージ(笑)」(保険/27歳)

サッカーは個人でもペアでもなく、チームという仲間があって初めて成立するスポーツです。テニス部や陸上部とはまた違った形の仲間意識が備わっています。なので、女性が仲間を大事にできる子かどうか気にします。何があっても友達だと言える、強固な信頼関係で結ばれた人の存在がいることをアピールしましょう。そして、日頃から他人の誕生日やお祝いに参加する社交性も見せて行きましょう。

2.個人で暴走しない

「とにかく自分がシュート決めたい!とかって個人プレーするヤツは最悪。なんでもそうだけど、自分の利益が一番ってのを出してこられるとちょっと…」(医療/25歳)

先程もお伝えしたように、サッカーはチームスポーツです。個人プレーなんて御法度です。染み付いた習慣は、スポーツではなく人間性として染み付いています。自分だけいい思いをしようとか、自己実現のために仲間を犠牲にするような人は好かれません。サッカー経験者は、仲間で勝利する幸福を経験しています。なので、ここぞとばかりに何事もいいとこ取りしていくような要領のいい女性は嫌われます。

3.空気を読む

「自分のチームメンバーを思い出すと、他の人より空気読めるなと思う。やっぱ連携プレーとかで鍛えられるのかなあ」(26歳/銀行)

サッカーは何よりも連携が大事。そしてその連携を把握し、的確に動くには空気を読む能力が必要不可欠です。慎ましやかで空気の読める、仲間に紹介したときに自分の評価が下がらないような女性を好みます。自分のアピールよりも、まず彼を立てられるような、そして彼と友人との場に馴染めるような人間になりきりましょう。

4.周りにサポートしてもらう

「周りからいろいろ言われて付き合っちゃう、とかもあったかも。まあ、みんなが言うなら、案外合う相手なのかもとか思うし。(23歳/教育)

サッカー経験者は、その仲間意識ゆえにか、仲間の言う事に耳を必要以上に傾けます。また、リア充臭が強く、モテる部活ナンバー1だったこともあって、割とノリもいいのが特徴です。彼の周りの男性に相談して、彼への気持ちを告白するまでサポートしてもらいましょう。そうすることで、皆の期待が乗っかり、彼も断る事ができません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
 
元サッカー部員の彼なら、以上のことを守れば簡単にゴールイン。個人技に走らずにチームプレーで押し切っちゃえ。シュートを打たないと恋人はできないぞ!
 
 (白武ときお/ハウコレ) 

関連記事