2014.03.12

失恋した女子に短期留学をおすすめする理由・4選


失恋した痛手から立ち直る方法は沢山ありますが、今回はちょっと荒治療的な方法をお伝えします。出来るのであれば、学校の休みや会社の休みを使った短期留学です。その理由をお伝えしていきますね。

1.違う環境に住むため、過去のことを忘れやすい

海外という全く違う環境で勉強をする海外留学。新しく覚えなければいけないことがたくさんあり、過去のことを考える時間がないので、失恋相手のことを考える心のスペースがありません。留学先を探したり、申し込んだり等の準備をすることは、人生を前向きにさせてくれます。心というのは、行動からも影響されるものなので、行動や環境を変えることで前向きな心が生まれるというのは珍しくないのです。

2.自分の世界観が広がり、こだわりを捨てられる

異文化にふれるという体験は世界観をひろげてくれます。ポイントは真剣に目標を持って勉強すること。そしてその国の歴史や文化にもどんどん触れる事で、世界観がひろがり、過去の恋にこだわりも無くなっていきます。目の前のことに夢中になるってことは、過去のことを考える暇がないということです。もちろん視野が広い女性のほうが視野が狭い女性よりも魅力的ですよね。

3.語学などの付加価値がつくことで魅力がアップ

また、語学堪能など、付加価値を増やしていくことで、あなたの魅力がアップするというメリットも。留学が終わった後でも、勉強は目標を持って続けましょう。そうする事であなたの内面に小さな自信がつきます。自信は女性をキラキラ輝かせるもの。また留学先でのクラスメイトなど、新しい友人や出会いもあり、あなた自身の内面が外に向けてどんどんパワーアップしていきます。

4.目標を持つことでバランスがとれる

目標をもって何かに打ち込んでいると、
時がたつのが早く感じます。時間は失恋を癒してくれるツールにもなります。落ち込んで時間を過ごすのか、何かに夢中になることで失恋を癒すのかでは、あなたの輝きが全く違います。大切なのは、一つの目標がクリアできたら、次の目標を持つこと。そうするとあなたの日常がイキイキしていきます。イキイキした日常をおくれている女性は魅力的で、男性に依存することが少なくなります。今まで恋愛にかけてきたエネルギーを自分の魅力をあげることに分散することでバランスがとれるようになります。

おわりに

失恋の痛手を癒すために短期留学というのは、ちょっとハードルが高いかもしれません。
そのハードルを何とかクリアしてチャレンジすることで、前のあなたより、魅力的な女性な女性になるのは間違いありません。留学しても目標を定めて勉強しなきゃ意味がありません。実は海外留学したのに、留学先で日本人とばかりいて、異文化交流ができなかったという人は多いのです。せっかく行ったのに、異文化交流がないと世界が狭いままでいてしまいます。留学先でボランティアなどにも参加して、しっかり勉強し、自分の世界も、交流関係も広げることがポイントです。みなさんも、ぜひ考えてみてくださいね。

(荻原かおる/ハウコレ)

関連記事