2014.03.12

視線を独り占めできる! お呼ばれパーティメイク


結婚式やパーティなど、何かとイベント事が増えてくるのがこの季節。特別な日だからこそ、服装は気合い十分で臨みますよね。それなのに、メイクがいつもと同じでは味気ないかも! 反対に、メイクにも力が入りすぎて、盛り盛りになっている人もいるのでは? 今回は、普段のメイクにひと手間加えるだけで、華やかなパーティメイクに変身するテクニックを伝授しちゃいます。メイク薄めさんも、濃いめさんも、これを見れば安心。
まずは、普段のメイクを完成させるところからスタートです!

1. いつものメイクを仕上げて

普段の基本メイク(ベース、アイ、チーク、リップ)を仕上げてください。目元のアイシャドウはブラウンカラーで仕上げるのがベスト。この後の色合いと合わせやすくなりますよ。全体的に、ナチュラルに仕上げるように意識してください。

2. 目の下にハイライトをオン


続いて、こめかみから目の下にかけてノの字にハイライトを入れていきます。ハイライトのカラーは、イエローまたはゴールド系のパールタイプのものを使用すると華やかさがプラスされますよ。

3. 流行カラーを目元にのせて


ハイライトをのせたら、今度は目元に。2014年の注目カラー“ラディアント・オ-キッド”のアイシャドウを重ねていきます。ない場合には、薄紫やピンクなどがベター。ブラシに少量とり、二重幅の位置にダブルラインを描くようなイメージでのせていきましょう。あまり重ねすぎると、目元が腫れぼったくなってしまうので、鏡を見ながら調整してください。

4. つけまつ毛をオン


目頭から1cm離した位置から、目尻にかけてつけまつ毛をオン。目のサイズに合わせて、つけまつ毛を切りましょう。また、バサバサしたボリュームタイプのつけまつ毛ではなく、適度な長さのつけまつ毛が◎。自然なおしゃれ感&パーティ感が演出できます。

5. 下まぶたにはブラウンシャドウを


下まぶたにはダークカラーをオン。目尻から3分の2くらいまで、ブラウンのペンシルライナーでまつ毛とまつ毛の間を埋めるように、インラインを引いていきます。その上を、小さめのチップにとったブラウンのアイシャドウでぼかしていきます。

6. チークは引き算


チークはあえて引き算を。もともと塗ってあったチークカラーの上に、ブラシにとったフェイスパウダーを薄く重ね付けしていきます。アイメイクをしっかり仕上げたので、チークは薄めにするとバランスがとれておしゃれ顔に!

7. 眉毛は明るめブラウンに


眉毛には、明るめブラウンの眉マスカラをオン。眉毛全体にのせていきましょう。

8. リップは最初にティッシュオフ


リップメイクをする前に、唇をティッシュオフします。リップクリームを塗っている場合は軽めにティッシュでふきとると、後の色がのりやすくなりますよ。

9. リップカラーを塗ってフィニッシュ


最後に、リップカラーは黄みのあるピンクベージュをオン。リップブラシに取ったら、丁寧に縁取りして唇全体にのせて完成!

10.さいごに


一見バランスをとるのが難しそうなパーティメイクですが、アイメイクを足したら、チークは薄めなど、足し引きをうまくすることで華やかなおしゃれ顔が作れます。
「自分ではちょっと無理……」と思っていた人も、これを機にパーティメイクにチャレンジしてみてくださいね♪

(ヘアメイク:弾塚凌)
(モデル:佐藤優香)
(撮影:渡邊明音)

関連記事