2014.03.13

若い男とは違う!15才以上年上の男性と付き合う醍醐味・5つ


みなさんこんにちは! 漫画家で恋愛コラムニストの斉田直世です。
2011年、タレントの加藤茶さんが彩菜さんと結婚し、45才という年齢差が話題となりましたよね。芸能界には他にも、高橋ジョージさんと三船美佳さん、石田純一さんと東尾理子さんなど、多くの年の差カップルが存在します。職業柄、見た目年齢が若いということもありますが、実際、私の周りでも、15才以上の年上の男性と、お付き合いしている20代女性は意外と多いもの。中には、「不倫」というケースもありますが、それでも惹かれてしまう年上男性の魅力は一体どこにあるのでしょうか?

15才以上の年上男性と交際したことのある20代女性たちに話を聞いてみました。

1.金銭的に余裕がある

今どきの20代前半カップルの間では、デート代だけでなく、ホテル代を割り勘にすることも珍しくないとか。そんな昨今だからか、実に現実的な理由ですが、最も多かった回答でした。決して、ブランド物や高級マンションが欲しいからではなく、「男の俺がデート代を払うのは当たり前」という姿勢が嬉しいようです。

2.お姫様扱いしてくれる

自分より遥かに若い女性に対し、甘くなってしまうのは当然なのですが、「女の子なんだから、こんな遅くに一人で帰っちゃダメだよ」「○○ちゃんは、本当に可愛いなぁ」など、サラっと言われるのは嬉しいもの。とくに同年代の男性から女の子扱いしてもらえなくなった女性にはたまらないようです。

また、いままでの女性経験からか、はたまた、中年女性の姿を身近で見て諦めたためか、「女性はこうあるべき」「こうあって欲しい」という期待や願望を押し付けないのも気楽なのだとか。彼らにとっては、「若くて可愛い」それだけで十分満足なのかもしれませんね。

3.程よく押しが強い

「草食男子」と呼ばれる、恋愛に消極的な若者が増える中、年上男性は、肉食系のガツガツさを持ち合わせている貴重な存在。年上男性は、「デートに誘ったり告白したりするのは男の役目」という観念を持っているので、女性の方は受け身でいられてラクなようです。

4.いいお店を知っている

会社の接待や、いままで多くの女性と交際してきた経験から(?)、美味しいお店をたくさん知っているのが大人の男。知る人ぞ知る名店、ムードの良い個室、デザートが豊富な店や珍しいお酒が飲める店など、TPOと女性のリクエストに合わせた店選びができるのも魅力のひとつです。

5.相手の快楽優先

最後に忘れてはいけないのが、夜の営み。若い男性は、自分の快楽を優先したセックスをしがちですが、中年男性は、相手の悦びが優先。例えそれが、体力が追いつかないせいだとしても、じっくり時間をかけて愛してくれるのが嬉しいという女性は多かったです。

おわりに

他にも、少数意見として、「両親を介護する時期が被らない」「既に母親がいないので、嫁姑問題を心配しなくていい」などもありましたが、20代女性は、変に若作りした中年よりも、中年特有の魅力を持つオジサマに惹かれている様子。「同年代にいい男がいない!」とお嘆きの女性は、これを期に守備範囲を広げてみてはいかがでしょうか?

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事