2014.03.15

春休みに試したい!映画デートを盛り上げるちょっとしたコツ・5つ


みなさんこんにちは! 漫画家で恋愛コラムニストの斉田直世です。

本年度のアカデミー賞受賞作品も決まったところで、この春休みに、映画デートを計画しているカップルも多いのではないでしょうか?

映画デートと言えば、失敗しにくいというのが魅力のひとつ。まだ二人の関係がぎこちない初デートであっても、約2時間の間は、「話が途切れた、どうしよう!」と焦ることはありませんし、ひとつの作品を共有することで、上映後の話題に事欠くこともありません。

今回は、そんな映画デートを、さらに盛り上げるための、ちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

1.飲み物をおごる

映画のチケットを手配してくれた彼に対して、「お礼に飲み物は私が買うね、何がいい?」と、ポップコーンやドリンクを女性側がおごってあげると、意外と喜んでもらえますし、「律儀な子だな」と思ってもらえます(ただ、人におごられるのを嫌うタイプの男性には、素直にお言葉に甘えて)。ちなみにこのとき、利尿作用の高い烏龍茶を注文するのは、控えた方が良いでしょう。

2.上映前にパンフレットを1冊買う

いまから始まる映画をより楽しむため、という本来の目的の他に、上映前の数分間、シートに座りながら、二人で1冊のパンフレットを覗き込むことによって、自然に密着度を高め、ドキドキ感を増幅させる狙いがあります。どうせ買うのなら、上映後ではなく上映前です!

3.カップルシートを予約

チケット購入の際、通常価格に+数百円支払うと予約できる、カップルシートやプレミアシートを選択してみると、普段とは違う、ちょっぴりリッチな映画デートに。隣の席の人と腕がぶつかるストレスもなく、二人だけの空間を堪能できますよ。こういった特別席が設けられているかどうかを、映画館や作品を選ぶ基準にしてみるのもいいかもしれませんね。

4.レイトショーを狙う

当日のデートは、映画の後にディナーではなく、ディナーの後にレイトショーを観るというのも乙なもの。上映開始時刻が、夜8時~9時以降で、上映終了時刻が、概ね深夜23時前後に及ぶことから、劇場内は人もまばらで雰囲気満点です。後ろの席の子どもに、背もたれを蹴られるストレスもありませんよ。

5.上映中はお静かに

せっかくここまで雰囲気を盛り上げたのに、上映中、ポップコーンをボリボリ食べたり、携帯電話が鳴ったりしたら台無しですよね。また、エンドロールが流れ始めた途端、携帯の電源を入れる人がいますが、暗い劇場内では思いのほか液晶画面の光は目立つもの。他のお客様のためにも、彼にガッカリされないためにも、お約束は守りましょうね。

おわりに

いかがでしたか? この春、初デートに映画を観に行くカップルも、映画デートはちょっぴりマンネリ……というカップルも、是非参考にしてみてくださいね。

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事