2014.03.16

初デートで行くと別れる!?遊園地デートを失敗させないコツ・4つ


みなさんこんにちは! 漫画家で恋愛コラムニストの斉田直世です。

この春休み、遊園地デートを計画しているカップルも多いのではないでしょうか? ただ、この遊園地デート、失敗談も多く耳にします。園内では、アトラクションの待ち時間の長さや男女間のテンションの違いに、歩き通しの疲労感が重なって、険悪なムードに陥っているカップルを見かけることもしばしば……。そのせいか、「初デートで遊園地に行くと別れる」なんて都市伝説も、まことしやかに囁かれていますよね。

というわけで今回は、遊園地デートを失敗させないための心得をご紹介いたします。

1.駐車位置を覚えておく

遊園地で思いっきり遊んでクタクタになった後に、「あれ、どこだっけ……?」なんて、広大な駐車場で車を探すハメになるのは避けたいですよね。ここで、「なんで覚えておかないのよ!」と彼を責めては、楽しかったデートも台無し。そんなことにならないよう、車で遊園地に到着したら、しっかり駐車位置を覚えておくこと。万が一、彼が忘れてしまったときには、助け舟をだしてあげてください。

2.テンションは彼よりやや高めで

遊園地に到着したら、無邪気な少女に戻ったつもりで、思い切りはしゃぎましょう。これは、日頃クールで大人っぽい女性ほど、ギャップがあって効果的です。遊園地でも普段のデートと変わらない様子だと、彼としては、せっかく連れてきた甲斐がありません。
ただ、彼とのテンションの差には注意が必要。自分の欲求を優先し、「ショーが始まるから急いで!」と園内を走らせたり、最前列でパレードを見るために何時間も前から場所取りをしたりするのは控えましょう。

3.子どもへの対応に注意

休日の遊園地につきものなのが、多くの親子連れ客。走り回る子どもに突撃されたり、アトラクション待ちの列で凝視されたりすることは覚悟の上です。子ども好きな女性にとっては、母性をアピールする絶好のチャンスでもありますが、子どもが苦手な女性にとっては、ボロが出てしまう危険性大。子どもの扱いに自信がなければ、平日夜からの入園で、大人の遊園地デートを楽しむことをオススメします。

4.スタイルアップはインソールで

言わずもがな、遊園地にハイヒールは禁物です。「疲れた」「足が痛い」なんて呟いたものなら、「そんな靴履いてくるからだよ!」とイラつかれるのがオチ。けれど、せっかくの遊園地デート、記念写真も撮るし、スタイルはよく見せたいですよね。そんなときは、スニーカーなどのカジュアルな靴にインソール(高さの出る中敷)を忍ばせて脚長効果を狙いましょう。

おわりに

いかがでしたか? 混雑の避けられない遊園地へは、「彼女が喜ぶなら仕方ない」と、しぶしぶ同行している彼氏も少なくありません。遊園地デートでは、そんな彼の気持ちを汲んであげることが成功の秘訣。「200分待ちでもアトラクションに乗りたい!」、「長蛇の列に並んででも○ッキーと一緒に写真を撮りたい!」という方は、マニア同士で再来園した方がよさそうです。

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事