2014.03.18

あってよかった!女の子の部屋で見つけてホッとしたもの・5つ


自分の部屋に、初めて彼氏をお招きするとなれば、お掃除にも一段と気合いが入りますよね。部屋を見渡してみると、元カレの私物、アイドルのポスター、復縁や不倫のハウツー本、インスタント食品の山など、「捨てなきゃ!」「隠さなきゃ!」と焦るアイテムが、いくつか見つかるかもしれません。

しかし、そういったものとは別に、あえて目に留まる場所に置いておくことで、ポイントをあげるアイテムがあるのをご存知でしょうか。今回は、彼女の部屋を訪れたときに発見して嬉しかった、ホッとトしたものについて、男性たちに話を聞いてみました。

1.調味料

「キッチンに調味料がいっぱいあると、料理好きなんだなって思う」(26才・会社員)、「みりん風調味料じゃなくて本みりんを使ってると、ちゃんと料理をしてる感じがする」(29才・飲食業)

キッチン小物はお料理上手のバロメーターになっているよう。ナツメグ、サフラン、オレガノ、ホワイトペッパー………普段、出番がないような調味料も、とりあえず置いておきましょう。また、フライ返しやお玉、泡立て器など、調理器具が一式揃っているのと、家庭的な印象を与えられますので、これらは戸棚の奥に隠さず、見せる収納を心がけると良いかもしれません。

2.俺専用グッズ

「ハブラシとかマグカップとか、俺用の物を用意してくれてると何気に嬉しい。これぞ彼氏の特権って感じ」(28才・自営業)

確かに、逆の立場でも、食事のときはコンビニでもらった割り箸ではなく、色違いのお箸を出してもらえたら嬉しいですよね。もちろん、「あなたが来るから、新しく買っておいたの」という一言は忘れずに添えてくださいね。いかにも使い古しのものだと、「もしかして、元カレの……?」と疑われ兼ねません。

3.二人の写真

「二人の写真が写真立てに入れて飾ってあるのを見て、“コイツ、俺のこと好きなんだな”って実感した」(26才・会社員)

離れている間も、いつもあなたのことを思っている……そんな気持ちが伝わる2ショット写真は、いわば魔除けのようなもの。部屋の目立つ場所に置いておくことによって、「浮気してません、他の男を連れ込んでません」というアピールに繋がるのです。

4.生き生きとした植物

「毎日水やりを欠かさない、マメな子なんだなって思った」(31才・美容師)、「前に誕生日にプレゼントした花を、ちゃんと花瓶に入れて飾ってくれていて嬉しかった」(33才・アパレル関係)

きちんと花瓶に飾られた花や、いきいきとした観葉植物は、日頃のマメなお世話を体現するアイテム。萎れたり枯れたりしているものなら、ない方がマシ。彼氏が遊びに来る前に、撤去しておきましょう。

5.基本的な生活道具


「元カノの家には、テーブルとゴミ箱がなかった。ゴチャゴチャしてなくて、一見キレイに見えるけど、生活感なさすぎると、ちゃんと家に帰ってきているのか心配になった」(25才・IT系)

お部屋の清潔感は大事ですが、ものがなさ過ぎるのも考えもの。お嫁さん候補を狙うのならば、「この子と一緒に暮らしたら、快適な生活が送れそう」と想像させる生活感も、ある程度は必要なようです。

おわりに

いかがでしたか? 男性は、自分への愛を感じるものや、いいお嫁さんになりそうなものが置いてあると、グッとくるよう。彼が来る前のお部屋掃除は、引き算だけでなく、足し算も頭に入れて実行してみましょう。

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事