2014.03.20

こんな物件選んじゃダメ!引っ越しで気を付けたい風水のポイント・4つ


入学や就職、転勤。環境が変わることの多い新年度に向けて、引越しを考えている方も多いのではないでしょうか?家はあなたの運気の土台になる大切な場所。引っ越した後から後悔しないように、どうせならいい運気のお部屋で新生活のスタートを切りたいものですよね。また、引越しはしなくても、お部屋の模様替えをして、新たな気持ちで新生活をスタートさせましょう。ということで、今回は新居選びの時に気をつけたいことをご紹介します。

1.前はどんな人が住んでいたか聞いておく

立地条件は悪くないのにころころお店が変わる。人の入れ替わりが激しい。そんな物件は要注意です。環境はそこで長い時間を過ごす人の運気に影響を与えます。人がいつかない場所は、何か問題があると見て良いでしょう。あまりナーバスになる必要はありませんが、前の人がどんな理由で出て行ったのか、どんな状態だったのかは不動産屋さんに聞いておきましょう。また長い住まいになる場合は、引っ越したい先の近所の人に聞いておくと確実です。また場所と住む人との相性もあります。なんとなく落ち着かない、日当たりは悪くないのに暗い感じがする、そんな自分の直感は相性を知る良い判断材料になりますので、大切にしましょう。

2.周囲の環境をチェックする

できれば、家の近くに無い方が良いスポットというもの場所があります。駅からの距離やお店など、生活の利便性をチェックしたあとは、家の周りの環境をチェックしましょう。代表的なものとしては陰の気が強くなるお墓や「火」の気が強くなる鉄塔、高圧塔が窓から見えるところは避けたいところです。どうしても避けられない、また今の家から見えてしまう、そんな時には、窓辺に観葉植物を飾り、悪い気をブロックしましょう。

3.金運を下げる家

ワンルームマンションなどで良くみかけますが、気の入口である玄関からまっすぐに気の出口(ベランダや窓など)がある間取りの家があります。風水では入ってきた気が直進することを嫌います。こういった間取りのお部屋はお金が入ってきてもすぐに出て行ってしまう、金運を下げる家とされています。借りるときは気をつけましょう。また今の家がそうだったり、仕方がないという時は、玄関から気の出口(ベランダや窓など)の間にのれんや間仕切りを置いて、気がまっすぐ進むのを遮りましょう。また窓辺やベランダに観葉植物を置いて、気が出て行くのを防ぐのも有効です。もし間にドアがある場合は、できるだけ閉めておくと、気が漏れていくのを防げます。

4.彼氏と住む場合は要注意!仕事運を下げる家

彼氏と一緒に住む、またはご結婚される場合に注意して欲しいことがあります。それはガスコンロの位置。ガスコンロが北西にある家は彼氏や旦那さんと住む場合には避けましょう。北西はその家の大黒柱や世帯主(男性)に関わる方角です。この方角にガスコンロがあると、世帯主の仕事運を燃やすことにつながります。結果、失業しやすくなったり、健康運を下げやすくなります。彼氏や旦那さんに健康でしっかり稼いで欲しい人は、北西ガスコンロの家は避け、仕事運をあげる風水を実践しましょう。

最後に

風水は生活環境を改善して、見えない気のエネルギーを整える開運法です。引越しや模様替えなどで環境をかえることで、あなたの運気も改善することができますよ。災いを避け、幸運を招く家づくりで幸先の良い新生活をスタートさせてくださいね。

(ほしのえな/ハウコレ)

関連記事