2014.03.22

元サヤは安泰?経験者が語る復活愛の4つのメリット


「元彼とやり直すなんて絶対にイヤ!」そう思っている人も、何ともいえない孤独感に襲われると、「やっぱりキープでも付き合っておけば良かった?」と思い直したり、他の男性と比べて「元彼の方が良かったかも」と思うことがあると言います。

基本、私は「一度でも別れを意識した関係はその時点ですでに終わっている」と考えるタイプですが、未練がましいので別れられずズルズルいくケースもありました。そこで今回は、復活愛をした人たちから聞いた4つの復活愛メリットをご紹介します! 

1.お互いを理解している

「すでに知り尽くした仲だから、一から説明する必要がなくて楽」(25才/医療事務)、「何を考えているかがお互い言わなくてもわかるから居心地が良い」(28才/旅行代理店)

過去のお付き合いの仕方にもよりますし、人によってはゼロから関係を構築する過程が楽しいという人もいるでしょう。ただ、相手の長所も短所も知った上で成り立つ関係は気兼ねせず付き合える家族のようなもの。変に気遣いをせず、無理なく過ごせるというメリットがあります。

2.学生時代(若かりし頃)の残像がある

「昔の若くて張りのある自分を知ってくれているから、安心して年を重ねられる」(29才/銀行員)、「思い出を共有できるのがうれしい」(21才/学生)

これは年を重ねるほど思うことかもしれませんが、例えば学生時代に交際した相手なら、その当時のままの制服姿の彼or彼女が思い出されるはず。年々加齢や重力に逆らえなくなってきたアラサー女子にとって、若かりし頃の残像が残っているのはプラスにはたらくかもしれませんね。

3.共通の友人が多い

「元彼と復活したことで、当時の仲間や同級生ともまた遊べるようになった」(28才/百貨店)、「ケンカをした時、共通の友人に相談すると良いアドバイスがもらえる」(27才/不動産)

男女では考え方が全く異なります。しかし、お互いを知る人物が間に入り平等にジャッジしてくれたり、うまくなだめてくれたりすれば、仲直りもスムーズに進みます。また、誕生日祝いなどサプライズでお祝いしたい時なども、協力してもらいやすいですし、友達同士で会う機会が増えるのは単純に嬉しいことでもありますよね! 

4.お互いの成長を認め合える

「別れた時は絶対にやり直すことはないと思っていたけれど、お互い成長した形で再会し結ばれたことに運命を感じる」(28才/接客業)、「以前とは違い、彼が頼もしくなっていてうれしい」(24才/保育士)

人は経験を積み成長を遂げます。交際当時、幼かった彼も、時を経て大人に近づいたのでしょう。離れてみたからこそわかるお互いの成長が、復活愛では見て取れやすいため、相手の成長を実感し、改めてお互いの関係がより深まることが多いようです。

おわりに

一度は別れを決意した二人が、縁あって再び交際に至るのですから、きっと強い絆がそこにはあるのでしょう。復活愛が良いか悪いかは別として、人を愛する気持ちは素敵なものです。当時、別れてみて気づくことがあったように、再び向き合ってみて気づくこともあるはず。
それが吉と出るか凶と出るかは人それぞれですが、たとえ再び別れることになっても、「やっぱりあの人とは合わない」と知ることが大きな前進です。

ふとした時に元彼の存在を思い出し、今でも忘れられないと思うなら、素直にその気持ちを打ち明けてみると、どんな形であれ今よりかは一歩前に進めるのではないでしょうか。

(恋愛ウォッチャーaYa/ハウコレ)

関連記事