2014.03.23

「高嶺の花で俺には無理だ」と思われてしまう女性の特徴・5選


いつか白馬に乗った王子様が現れることを夢見て、少しでも素敵な女性になりたくて、頑張ってしまう女磨き。でも、その頑張りすぎている女磨きのせいで「高嶺の花」になってしまい、男性からが敬遠されてしまう。それってとても残念ですよね。そこで、今回はどんなことが高嶺の花だと思われてしまうかをご紹介します。

1.最新ファッション、メイクに敏感

女友達の中ではファッションリーダー。ハイブランドにも詳しく、最先端の流行に乗っている。女性から見ると憧れの存在で、「女子モテ」レベルは素晴らしい…けれど、男性からす見ると「最先端すぎるファッションには魅力を感じない、むしろ変。ついて行けない」と思われてたりします。またファッション雑誌から飛び出したような女性は、みんな同じで印象にも残りにくかったり、自分が無いとも思われたり…男性はいつの時代も、自分らしさがちらっと見えるベーシックな可愛らしさが大好きなんですよね。

2.海外旅行によく行く

旅行好きな男性は多いのですが、ここでのポイントは「海外」というところ。海外旅行に頻繁に行くわけではない男性からすると、どうしても「付き合ったらお金がかかりそう」と思われてしまいます。ですので旅行好きをアピールしたい時は、あえて海外ではなく普通に「旅行」と言って、「夏は海、冬は温泉、とかいろんな所に行ってみたいなー♪」と幅を広げ、親近感も含ませましょう。

3.エステ通い

こちらも「お金がかかる趣味」と思われてしまいますが、こちらはそれだけでなく、「エステに通ってる自分が大好きなんだろうな」と、ちょっと痛いナルシストっぽく思われてしまいます。エステの魅力はなかなか男性には共感されないんですよね。ですので、男性の前では「マッサージ」と言うと、癒しや、肩こりを治す整体みたいな感じ、と共感も得られやすいです。でも美容系は、極力自分や女友達の中だけの秘密くらいにしておいた方が、無難かもしれませんね。

4.英会話や語学で教養を

ビジネススキルとして、英会話や語学をもともと身につけている方は良いのですが、わざわざ「私、今英会話教室に通ってるの」とアピールしてしまうと、語学が達者ではない男性からはちょっと腰が引けてしまい、敬遠されてしまいます。どんな教養でもあるに越したことはありませんが、「能ある鷹は爪を隠す」です。街で外国人に道を尋ねられた時に上手に対応できている、くらいで十分素晴らしいことは伝わりますよ。

5.オペラ、ミュージカル鑑賞が趣味

私もオペラ、ミュージカル、観劇は大好きなのですが、男性からすると「興味の無い舞台に一緒に行かなくちゃいけないのかな…」や、「上品なのはわかるけど、なんだかお高くとまって見える」と思われがち。趣味を変える必要はないのですが、「男性に興味を持ってもらえそうな趣味」を伝えるのがとても大切です。オペラやミュージカルは気の合う女友達と行って、音楽が好きなのであれば、男性の前では「カラオケとかコンサート」と言った方が「一緒に盛り上がれるかも」と親しみが湧きますよ。

吉井奈々からのメッセージ

自己紹介をする時や、出会って間もないデートの時…自分のことをもっと知ってほ欲しくて、「一生懸命自分磨きを頑張っている、キラキラしている自分」をわかってほしくてアピールしたものの、「育ちが良くて上品なのはわかったけど、親しみがもてない高嶺の花だな」と思われてしまっては元も子もないですよね。自分に興味を持ってもらいラブラブになるためには、「親しみやすさ」がとても大切ですよ。

(吉井奈々/ハウコレ)

関連記事