2014.03.25

これだけ押さえればバッチリ!メイク直しのポイント


こんにちは!
カラー&ビューティー トータルアドバイザーの筧 沙奈恵(かけい さなえ)です。

学校や仕事おわりにデートや女子会の予定がある日。そのまま出掛けていませんか?せっかくの予定も、ヨレヨレのメイクではもったいない!
出発する前に崩れてしまったメイクを直して、華やかに変身してお出掛けしましょう!
今回は「これだけおさえておけば大丈夫!」というメイク直しのポイントをご紹介します。

1.ベースメイク

1日中空調に当たった肌や、動き回って汗をかいてしまったお肌。夕方にはくすみ・脂浮き・乾燥・ムラなどが気になる方が多いのではないでしょうか?
脂浮きが気になる部分はティッシュを上から軽く押し当てて、余分な脂を除きます。
そして、上からパウダーファンデーションやフェイスパウダーを重ねます。
乾燥が気になる場合には、ティッシュオフをしたあとに乳液などで保湿をしましょう。保湿後にティッシュで軽く押さえて余計な油分を取り除くのをお忘れなく。
また、ファンデーションがくすんで顔色が悪く見える場合は、ピンク系やパープル系のフェイスパウダーをふわっと重ねると透明感のある肌に蘇ります。

2.アイメイク

目の下にマスカラやアイライナーがついてしまっている場合は、綿棒などでオフしましょう。
市販されている、クレンジングを染み込ませた綿棒などがあると便利です。
オフした部分はそのままにしておくと皮脂でメイク崩れを招いてしまうので、必ずパウダーファンデーションかフェイスパウダーで押さえましょう。
落ちてしまったアイライナーやマスカラは、重ね塗りをしてボリュームアップ!
アイシャドーがヨレている場合は、上からトントンと指でなじませましょう。そして、目頭部分に明るいピンクベージュのアイシャドーを乗せると疲れた目元に輝きを与えてくれます。
また、より華やかさを演出したい場合は、パール感が強いアイシャドーをアイホールの中心に指で乗せると印象がガラリと変わります。

3.アイブロー

眉が消えてしまっていては、アイメイクやリップメイクがバッチリでも間抜けな印象になってしまいます。
余分な皮脂が浮いている場合は、ティッシュで押さえてから消えてしまっている部分をペンシルで毛を1本1本足すように描きましょう。
その後、上からフェイスパウダーで押さえておくとモチがアップします。

4.チーク

チークが薄くなっていると、血色感が失われて見えてしまいます。
頬の高い位置にくるっと丸く入れると健康的で華やかに見せることができます。
折り畳み式のチークブラシにチークを含ませておいて持ち歩くと荷物を減らせるのでオススメです。

5.リップ

リップは落ちやすいパーツです。こまめにメイク直しをしましょう。乾燥が気になる場合は、リップクリームで保湿します。
リップクリームの油分が多い場合はティッシュオフをしてから、口紅やグロスを唇の中心から外側に向かって乗せます。
荷物を減らすため、1本で色とツヤを出してくれるルージュグロスがあると便利でしょう。

おわりに

いかがでしたか?
ポイントを押さえたメイク直しで華やかに変身して、デートや女子会に出掛けましょう!

(筧沙奈恵/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事