2014.03.25

出会いの季節の下準備!ダメージ大の失恋から完璧に立ち直るための4ステップ


失恋直後、特にフラれたとなるとその衝撃は大きいもの。「失って気が付く大切さ」とはよく言ったもので「あの時○○だったら」とふさぎ込み、自棄になって遊びまくって、そんな自分に自己嫌悪してみたり・・・失恋からしっかり立ち直るためには時間も努力も要しますよね。今回は、過去の恋愛を吹っ切り、ばねにすることができた女子たちの共通点をご紹介。このステップを踏めば、過去の思い出に気持ちを引っ掻き回されることもなくなるかもしれません。

1.元カレと距離を置く

「学校で彼を見かけてしまったり、彼の家の近くに行ったりするたびになんとなく彼を思い出しちゃう。でも社会人になって会う機会も全くなくなってから、彼を思い出さなくなって、吹っ切れたって気づいた。」(24歳/事務)

精神的な距離を置く、ではありません。物理的に距離を離すのが大事。彼を思い出してしまうようなきっかけが無くなれば、彼のイメージがぼやけてくるのも時間の問題。
ましてや同棲していたところに住み続けていたりすると、完全に吹っ切るのにはかなり時間を必要とするかもしれません。

2.失恋傷を痛くない古傷にする

「一人で寂しくウジウジするより、飲み会のネタにしてぶちまけたほうが楽になります!周りから励ましてももらえるし、孤独感から抜けられる!」(30歳/派遣)

恋愛の傷は真新しくても古傷でも、触られたくない!忘れたいんだから放っておいて!と誰かが踏み込んでくることを拒絶していませんか?でも、本当にスッキリ吹っ切るためには、傷があることを忘れるよりも、触れられても痛まない傷にするのが正解ではないでしょうか。
振り返ることをやめて、痛くない傷跡にするのは、傷を大事にするより、人前にさらけだしてみましょう。いつの間にか誰も触れなくなり、過去のことなんだなと実感できるようになります。

3.他人の辛さを理解する

「失恋で自暴自棄になってしまって、心配してくれた周りの友人に当り散らしたこと超後悔してます。」(29歳/アパレル)

恋愛が絶好調なときにはわからなかったことが、失恋を期に分かるようになることがあります。周りに悩んでいる人や相談をしてくる人がいたら、親身になりましょう。
大事なのは「この世で私が一番不幸で可哀想な女の子」とヒロイズムに浸らないこと!しんどい思いをしている人はほかにもいるのに、自分勝手に暴れまわっていると周りも引いてしまって、新しい出会いがなくなってしまいます。

4.本当に好きな人を探し、見つ出す

「元カレに新しい彼女ができたって聞いて、ふさぎこんだ時期もあった。でも、今の彼に会ってからは、元カレをぱーっと忘れられた。」(22歳/美容師)

完璧に立ち直る、そのためには何といっても「新しい恋」が欠かせません。これなしに、大ダメージの失恋を完全に吹っ切ることは難しいのではないでしょうか。元カレと距離を置き、一人で悩みこまず、周りの人の恋愛に寛容になることで、新しい出会いをゲットして、失恋とさよならしましょう!

おわりに

本当に好きでたまらなかった人との失恋から立ち直ることって、難しいと思います。終わりが見えなくて、吹っ切ったと思ってたら全然吹っ切れてない自分に驚いたりするかもしれません。飲み会のネタにする、とまではいかなくても、信頼できる女友達に話を聞いてもらうところから進んでいってはどうでしょうか?

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事