食べても太らない!?ダイエットの味方「ロースイーツ」とは


生クリームのたっぷりのったパンケーキや、甘いチョコレート。美ボディをキープしたい女子には、少しつらい誘惑ですよね。食べたいけど、美肌や美ボディのために我慢している方も多いのでは?でも、実は食べてもOKどころか、食べたほうが美ボディになれるスイーツがあるのです。スイーツ好きじゃなくても興味がわきますよね!そこで今回は、お砂糖もバターも使わない「ロースイーツ」をご紹介したいと思います。

ロースイーツって何?

「ロースイーツ」とは、ローフードの食材と製法を使って作られたスイーツです。48℃以下の熱で調理されているため、生きた酵素が含まれています。それだけでなく、普通のお砂糖や小麦粉、生クリームなどの乳製品は、ロースイーツには使われていません。体に良いとされ、ローフードの食材として認められている生ハチミツ、アガぺシロップ、生ナッツなどを使って甘みとコクを出した、女子には嬉しいスイーツです。
次にロースイーツで美ボディになれる理由を3つご紹介します。

(1)代謝UP

ロースイーツに使われる食材は、どれも酵素が生きています。酵素は私たちの体内にもあるものですが、ストレスや食生活により徐々に減っていきます。消化酵素が減り消化が悪くなると、充分な栄養素を吸収できずに代謝が悪くなるだけでなく、便秘や下痢といった腸トラブルの原因にも。酵素が生きている食べ物は消化が良いため、代謝の良い身体作りをサポートします。

(2)低糖質で脂肪を撃退

砂糖や小麦粉を使っていないため、ロースイーツには糖質があまり含まれていません。エネルギーとして使われなかった糖は、脂肪細胞に取り込まれ余分なお肉の一因となってしまいますのでできるだけ避けたいところ。しっかり甘みがあるのに低糖質なロースイーツは、美ボディキープにピッタリなのです。

(3)美容成分たっぷり

ロースイーツは加熱調理をしないため、ビタミン・ミネラルが失われることがありません。美容効果の高いポリフェノールも水溶性ですので、食材を茹でたり煮たりすることで失われてしまいます。しかしロースイーツならポリフェノールが失われる心配もなし!ビタミン・ミネラル・ポリフェノールは、内臓本来の働きを促すため、代謝の良い、余分なものを溜めこまない身体作りには欠かせない栄養素です。これをたっぷり摂れるのは魅力的ですね。

おススメのロースイーツ

おススメは「ローチョコレート」。オリザ油化株式会社の研究によれば、カカオに含まれるカカオポリフェノールとテオブロミンには、脂肪の蓄積を防ぐだけでなく、脂肪の燃焼を促進させる効果があるとのこと!
またカカオポリフェノールには強い抗酸化作用があるので、紫外線の強くなるこれからの季節、お肌を守るためにもおススメ。甘いのに太らない、シミも予防できちゃう夢のようなチョコレートなのです。

終わりに

ローチョコレートは、ネットで簡単に買うことができます。甘みもコクも普通のチョコレートと変わらない、とっても美味しいチョコレートです。これからは、ローチョコレートを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

(岩田 麻奈未/ハウコレ)