2014.03.28

一度寝たら忘れられない女になる4つの方法


初めて逢った瞬間、シンパシーを感じて、勢いで寝ちゃった…、そんなこともありますよね。でも、寝てしまえば最後、男性からの連絡が途絶えたり、ずるずるとセフレの関係になってしまうこともあるでしょう。そこで今回は、一度寝たら忘れられない女になる方法について複数の女性にインタビューをしてきました。

1.「一度きりだから」と言う

「たった一度寝ただけで、俺の女扱いされることが嫌だった私は、あるときから勢いで寝てしまった男性に“一度きりだから”と言って、その後、自分から連絡を一切入れないようにした。そしたら、男が追いかけてくるようになった」(27歳/事務)

逃げられると追いたくなるのが男性心理。勢いで寝てしまい、後悔したら、自分から連絡を入れない方がいいのかもしれませんね。どんなに心が焦っていても、行動を起こさず、相手の出方を待つ…その方が、相手はあなたを追いたくなるはず。

2.一夜を思いっきり楽しむ

「私の好みのタイプは遊び慣れた男。そのせいで、何度、一夜の関係で終わって、涙で枕を濡らしていきたことか(笑)。でも、自分の好みは変えられない!そうわかった瞬間から、一夜の関係を思いっきり楽しむようになった。結果…男性から“お前と一緒にいると楽しい”と言われるようになって、一夜の関係から恋人同士になれた」(28歳/金融)

今この瞬間を最高に楽しむことは、とても大事だと思います。特に恋愛においての“楽しさ”は重要!楽しくない恋愛なんて、考えたくもないものです。自分が今の関係性を思いっきり楽しむことで、それが相手にも伝わり、良い関係を築けるパターンもあるでしょう。

3.あえて恋人になることを意識しない

「女性って、恋人になることを少し期待して、関係を持つ人が多いと思うんだけど、私は、一切、恋人になることを期待せず、関係を持つようにしている。そうすれば、余計な情もわかないし、相手から“また逢いたい”と言ってくることも多いよ。ただ、一度関係を持った相手と再会したら、そこからは簡単に関係を持たないようにしている。それが功を奏したのか、ワンナイトから始まった素敵な彼をゲット」(32歳/経理)

なかなか最初から期待を持たずに関係を持つことは難しいかもしれません。しかし、相手の心を自分に向けたいのなら、やってみる価値はあるでしょう。再会したときに、簡単に関係を持たないのも、相手の心をつかむ大きなポイントになっているのではないでしょうか。

4.ベッドでの会話を充実させる

「私はコトが済んだからといって、すぐにバイバイしないタイプ。ゆっくりと相手との会話を楽しむ。そうすると、相手との意外な共通点が見つかったり、笑いのツボが似ていたりして、また会う約束ができることがある。ワンナイトラブも恋愛が始まるキッカケのひとつだと思えば、純粋に楽しめる」(30歳/販売)

確かにワンナイトラブも恋愛が始まるキッカケだと思えば、大いに楽しむことができそうですね。すぐにお別れしないで、会話を楽しむのも、相手との関係を育むうえで有効な手段でしょう。

さいごに

どうやら、一度寝たら忘れられない女になる方法は、ベッドのうえでのテクニックではなく、心理戦の方が大きいようですね。

(羽音/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事