2014.03.29

何が正解?男性から経験人数を聞かれたときの回答法・4つ


「今まで何人と経験ある?」そう聞いてくる男性っていますよね。そんな疑問を投げかけるのは、あなたのことが本当に好きだから?それとも、経験人数によっては「Hができるかもしれない」と思っているからの?気になる男性の本音と、女性の正しい回答法を考えてみました。(※20~30代男性50人へのアンケートより集計)

1.二人の関係を冷静に分析する

「あまりテクニックには自信がないので、経験豊富な彼女を満足させる自信がありません。だから友達以上恋人未満のうちに、どのくらい経験が豊富なのかを知っておきたいんです」(22才/学生)
「好きな人のことは、全部知りたい!」(25才/SE)

彼が経験人数を聞く時点で、あなたに興味や好意があることはわかりますね。ただ、素直に答えてしまうとあなたの価値が下がる恐れがあります。まずはその質問に答えることが、二人の関係性にどのような影響を及ぼすのかを冷静に考えましょう。

2.聞かれた時のシチュエーションは?

「ベッドの上では真実より盛り上がる言葉がほしい」(26才/販売)
「お酒の席ならまだしも、食事やお茶の時に真面目に回答されても反応に困りそう」(25才/建設業)

だったら聞くなよ! と突っ込みたくなる回答ですが、TPOにより回答を考える必要があるようです。男子は気持ちを盛り上げたり、秘密めいた話を共有し、より親密になるために質問するだけで、決して真実を知りたいとは思っていないのかもしれません。

3.相手とHしたい?

「あまりにも経験人数が多い子とは病気も心配だしやりたくない」(28才/美容師)
「経験人数が多い=浮気性だと思う」(30才/接客業)

どうやら経験人数が多すぎる人は、人数詐称がエチケットのようです。ただ、こっちにその気がないのに気を遣い答えるのもバカバカしいですから、経験人数を答える前に、Hがしたい相手か否かをよくよく吟味してください。

4.男性が望む経験人数とは?

「2、3人の経験人数が理想。それも交際歴が一年以上なら信頼できる」(28才/専門職)
「自分より少なければ許せる」(26才/出版)

男って本当にプライドの生き物ですよねぇ。でも、それで恋がうまくいくなら女性は賢くあるべきだと思います! 結局のところ、男性は自分よりも経験豊富な女性を避けたがる傾向があるようです。真実はあなたしか知りません。相手を思いやる優しい嘘は、時に必要でしょう。

おわりに

好きな人の過去も含めて、すべてを許し受け入れるのが愛かもしれません。しかし、真実を知ることが必ずしも幸せとは限りません! ですから、経験人数を聞かれても、正直に答える必要はないのです。ただ、それではどこか偽りがあるようで自分が許せないのなら、以下の例を参考に。

回答例)「これまで何人と経験ある?」→「うーん、付き合った人とだけだよ!」
「これまで何人と経験ある?」→「片手で収まるくらい!」
「これまで何人と経験ある?」→「●●君ほどはいないよ!」
「これまで何人と経験ある?」→「普通の人よりちょっとだけ多いくらいかな?」

男性はナイーブな生き物です。女子の経験人数は少ない方がいいと思っているようですから、彼との関係を良好なものにしたいなら、「なるべく「嘘はつかず、数字は曖昧に」を心がけてくださいね。

(恋愛ウォッチャーaYa/ハウコレ)

関連記事