2014.04.01

男子が「これをやったらオレはモテる」と思い込んでいる5つのこと


男子は女子にモテようと思ってあらゆる自己アピールをします。キャバ嬢は、そういうアピールを毎晩されているのです。
ということで今回は、女子大生キャバ嬢の麻由美さん(渋谷のお店に勤務・昼間は港区の大学生)に、男子が「これをやったらオレはモテる」と思い込んでいることについて、お話をお聞きしました。
さっそくご紹介しましょう。

1.お金持ちになる!

「多くの男性はお金持ちになれば女性にモテると思い込んでいるようです。車は**に乗っているとか、時計は**というブランドだけど、君、知ってる? 知らないの? スイスの有名なブランドなんだよ~という話に始まり、ゴールドカードを見せびらかしつつお会計に至るまで、金ピカです」

お金持ちになると女性にモテると思っている男性は非常に多いです。お金を持ってしまうと、女性に興味がなくなる男性と、あり余るお金を武器に恋を楽しむ男性とに分かれますが、恋に溺れて残念な結果になってしまう男性もいます。

2.いい時計をはめる

「お金持ち談義のなかでも、非常に多いのが時計の話です。時計は私たち女性に見せびらかすことができるからだと思います。あとはブランドもののバックルですね」

わかりやすいアピールは最大の武器なので、モテたい男性は時計にこだわるのでしょう。
時計は100均ので、下着はルイ・ヴィトン。ベルトは100均ので、下着のTシャツは2万円です……という男性はごく少数派ですよね。まあ、そんなお金の使い方する男性もちょっとよく分からないですが。

3.ちょっとガサツなオラオラ系の口調になる

「モテたいというスイッチが入った男性って、やたらオラオラ系になります。これは非常に不思議です」

タレントの所ジョージさんは、男性的な性格と女性的な性格がうまく同居しているような方ですよね。モテたい男性はあせってしまい、男性的な性格が強く出てしまうので、ガサツな口調になってしまうのかもしれませんね。女性的な性格をうまく出せない(隠してしまう)というところに、モテたい男性のあせりがあるのではないかと思います。
人それぞれ男性的な性格と女性的な性格の比率は違いますが、男女ともに、両性的な部分があるというのが自然ですもんね。

4.引かれたら押す 押されたら引く

「私が強気に出てイヤと言えば、男性客はごめんなさいと言って引きます。私が『じゃあ、**してくれたら付き合ってもいいかな~』と言えば、男性は押してきます。押せば引き、引けば押すを繰り返すのがモテる秘訣だと思っている男性は多いです」

これも上記3<ちょっとガサツなオラオラ系の口調になる>とおなじで、モテたいあまり、自分のキャラが統一できない男性って、本当に多いです。女性が引いても押してこない男性って、最初はつまらないかもしれませんが、付き合ってみると安定感があって良かったりもします。

5.仕事の自慢をする

「押しても引いても私がビクともしないと思えば、男性は決まって仕事の自慢話をしてきます。ハイハイってかんじでちゃんと聞いて差し上げます」

こちらはモテたい男子の最大の特徴ですよね。オレがいかにすごいヤツであるかをアピールするということです。ハイハイって聞き流すといいと思います。

おわりに

いかがでしたか?
男は仕事ができて、お金持ちになって、いい時計をして、かわいいい女子を相手に押したり引いたりすればモテると思い込んでいるようです。
実際、仕事で成功してお金持ちになって時計も車も買ったのになぜかモテないと嘆く男性がいますが、そういう人は悲惨です。もうなにをすればモテるのか、さっぱりわからないのですから。
男って意外と単純でしょ?

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事