2014.04.01

Facebookで浮気がバレないように気をつけるべきこと・5選


便利なSNSですが、何も考えないで使っているとそこから浮気がばれてしまうケースが増えています。
元女探偵である筆者が、Facebookでついうっかり浮気がバレてしまった様々なケースを見てきた経験から、バレないための対策をお教えします。

1.友達を表示する設定にしない

Facebookはいろんな人がいいね!を押してくれたりコメントを書いてくれたりするものですがいつも必ずコメントやいいね!に登場する男性がいたら、絶対何かあるのかな?と思われても仕方がありません。どこかで誰かにつながるのがFacebookです。この男いったい誰なんだ?!と思った時に友達を表示できる設定にしてあると、共通の友達に聞き込みされて関係性がバレたりする恐れもあります。また、『コイツ男友達が多いな~』と思われてしまったら無駄に警戒されるモト。

2.タグ付けは承認制にする

自分は気をつけていても、浮気相手に勝手にタグ付けされてしまったり、浮気相手も写っているグループ写真にタグ付けされるリスクを放置しておくのは危険過ぎます。こじれた相手から変な写真を仕返しにタグ付けされたという捨て身の嫌がらせケースも多々ありますので、気をつけるにこしたことはありません。

3.現在地が表示される設定にしない

Facebookの設定だけではなく、スマホの設定の位置情報サービスもチェックしておくべき。勝手に○○区などと現在地が表示されてしまうので、彼氏に伝えていた場所と全然違うところが出てバレてしまったという事件を知っています。
OFFにしておくとチェックイン機能が使えなかったりして不便ですが、やましいことがある人はそもそもONにしない方が無難かも。いつもチェックインする癖がある人は、浮気相手といる時だけチェックインしないのも怪しまれてしまうので要注意です。

4.投稿する写真に注意

浮気相手と行った先で普段は食べられないような美味しいものを食べたりしたら写真を撮って載せたくなるのが女子というもの。SNSを変えたり、日にちをそれぞれ変えてアップしたら大丈夫だと安心していませんか?

しかし、Googleの画像検索機能があるのは知っていますか?あなたが撮った画像と同じような画像が同じタイミングでネット上のどこかにあったらそれが検索結果に出てきてしまうんです。ディズニーランドに行った写真などついつい上げたくなってしまいますが、浮気相手が別のSNSなどにアップしていたらそこでバレて足がついてしまいますよ!

5.いつもと同じテンションの投稿にする

普段は女子会で一緒にいる子との記念写真を載せたりしているのに、誰と一緒に行ったか分からない投稿が上がっていたり、妙にはしゃいでいる様子が伝わってしまうと
明らかに男と行ったんだろうなと違和感をもたれてしまいます。普段の投稿内容と違う感じになっていないか、逆にいつもは投稿するのにその日だけ投稿しないという怪しい状況になっていないか、一歩引いてチェックを。

おわりに

そもそも浮気をしないのが1番ですが…バレてしまって幸せになる人は誰もいません。人を傷つけてもそれでもどうしても浮気がやめられないというなら、せめてバレない細心の注意を。

いずれも、スマホからでも設定可能な機能ばかりです。普段はタイムラインしか見ないという方も下の方にある【設定】にある『プライバシー』や『タイムラインとタグ付け』などの項目を見直してみてくださいね。

(上岡史奈/ハウコレ)

関連記事