憧れは石原さとみ!女性が最高に輝く「キレイの秘密」とは?


ドラマ「失恋ショコラティエ」でもその美貌を知らしめたのが女優の石原さとみさん。思い浮かべるのは、ふわっと膨らんだミニスカートで細い脚をのぞかせ、ゆる巻きふんわりヘア、マシュマロのようなふわふわスベスベ肌という、可憐で奥ゆかしい古典的美人。そのスタイルはデビュー当初から守り抜いているのに、今とても新鮮に私たちの目を惹きつけます。「容姿も洋服もそこそこ真似出来そう」と思っていたらそれは大きな落とし穴! 今回は、本気で石原さとみさんのような、愛らしく魅力的な女性になりたい人のための、とっておき情報をお伝えします。これは「女性が最高に輝く美容論」とも重なるので、ぜひ日常的に取り入れてみましょう。

28才は女性が最も輝く時期

人は、その人の肌を見て、無意識のうちに実年齢よりも若いとか老けていると判断する節があります。それだけ肌のみずみずしさとつややかさの多少が、見た目の年齢を決める大きな要素となっているということ。失礼ながら石原さとみさんが何才なのか調べたところ、現在27才。その年齢を知って美肌と美髪の理由に納得! つい先日、皮膚臨床薬理研究所の医学博士、北澤秀子先生に「年齢と肌の関係」について取材させて頂いた際に、「女性が最高に美しく輝くのは、28才なんですよ」という貴重なお話を伺いました。

キレイの秘密は女性ホルモン!

女性は初潮を迎える十代から28才をピークに、女性ホルモンの分泌が活発になります。みずみずしく滑らかな肌も、艶やかでコシのある髪も、女性ホルモンの影響がとても大きく、内側からにじみ出る魅力にもつながります。
ちなみに肌の水分量は、25才を堺にどんどん減少し、乾燥肌やシワを自覚するケースも。
十分な水分を肌に与えて、余分な皮脂を毛穴に詰まらせない丁寧なスキンケアを意識して行うことが美肌の秘訣です。

冷え、過度のダイエット、ストレスに要注意!

では、28才を過ぎると肌も髪も美しさが失われていくのかという疑問ですが、そうではありません。実年齢が35歳の人でも、肌測定で二十代後半という好結果が出ることがあります。その逆に、二十代前半の人が、肌年齢は三十代後半という結果になることもあるのです。医学的に28才あたりから50代の閉経に向かって女性ホルモンの分泌は減ると言われていますが、年齢を重ねるごとに皮脂分泌が落ち着くため、ニキビの悩みは減り、肌質が安定してくるという、うれしい話も忘れないで下さい。また、実年齢をはるかに上回る肌年齢の場合、一つの目安として生理周期が正常かどうかを把握しておくことが何より大事です。体の冷えや過度なダイエット、ストレスなどが原因で生理不順になると、女性ホルモンが正常に分泌されていないことがあります。生理の開始日と最終日を必ずメモ帳に記入し、自分が何日周期なのかを把握しておくことが、美肌以前に、女性として体を守るためにとても重要です。そして生理不順や生理痛が激しい場合は、自己判断せず、婦人科の診察を受けることをお勧めします。

むくみ知らずの美脚を叶える

石原さとみさんといえば、脚が長く細くてキレイ。こればっかりは真似出来ないと、諦めるなんてもったいない話。脚はお手入れ次第で、今より細くなれる可能性を秘めている部位です。脚は寝ている時間以外は重力に逆らっているため、血液の流れが悪くなりやすく、むくみやすいという特徴があります。朝の脚よりも夜の方が太くてパンパンになるのは、そのような理由によるものです。足首がキュッとくびれた細く美しい脚を目指すために、ぜひ次のことを実践してみましょう。

1.入浴はしっかり湯船につかり、足の5本指を上に倒すように、手で抑えます。10秒経ったらパッと離します。これを5回繰り返します。血流をよくする目的の指圧です。

2.パンパンにはった筋肉やむくみを解消させるために、ホットジェルのようなアイテムで、足首からふくらはぎ、太ももにかけて、雑巾を絞るように両手を使って揉みほぐしましょう。この時、圧が強すぎるとアザになるのでやり過ぎに要注意です。

3.脚を冷やさないようにしましょう。
また、血行を促進するビタミンEを積極的に摂り、塩分を控えめにするような心がけも、むくむ対策につながります。

さいごに

石原さとみさんのような女性を目指すことで、肌と心と体のつながりを知り、女性としての体の大切さを知ることが出来るはずです。

(米村亜希子/ハウコレ)
関連キーワード