2014.04.05

大学生活の鍵を握る?!恋愛がしやすいサークル選びのコツ


大学生活において、サークル選びを間違えてしまうことは悲劇ともいえます。なぜなら、気の合わない友達と一緒にいなくてはいけないかもしれないですし、華のラスト10代、ハタチを無駄にしてしまうかもしれないという悲劇を生む可能性を秘めているから。
そう、サークル選びは学生生活のプライベートの時間の運を決めてしまうとも言えるのです。
自由な時間の多い大学生、なにがなんでも恋愛をしたい!という人もいることでしょう。そこで今回は恋愛がうまくいきやすい、サークル選びのコツをご紹介します。

1.大人数のサークルは避ける

「大人数のサークルは個性が強かったりユーモア溢れる盛り上げタイプとか、あとは顔面偏差値が高い人ばかりが目立って、地味な私は名前さえ覚えてもらえていない気がする。」(20歳/学生)

コミュ力に自信がある、人を惹きつける力がある、一度会ったら忘れられたことがないくらい個性がある・・・大人数の中でも埋もれない自信がある人は、大きな規模のサークルに入っても楽しめるでしょう。ですが、これといってインパクトに残りにくいような埋もれがちな人には向きにくいです。彼氏どころか、友達づくりから苦労しちゃうかも・・・アットホームなサークルを選びましょう!

2.過疎ってないかがポイント

「サークル会員数が100人くらいと聞いていたのに、サークルの人が集まる場所にいる人はいつも決まった10人くらいでびっくり。新しい出会いがほとんど得られなかった。」(20歳/学生)

サークルに入る理由は様々ありますが、一つが「テスト情報をもらうため」です。先輩や同期の友達を作っておいて、テスト前にだけ情報をねだる人がいます。そんな情報ほしさに入る人が多いサークルは過疎化しています。メンバーが多いと聞いているのに、いつも決まった人しか話したことがない、という場合は過疎サークルの可能性が!

3.先輩達がサークル内恋愛をしている

「かっこいい先輩がたくさんいるから入ったら、みんな他大学に彼女がいた。サークル内は仲がいいけど、友達止まりでそれ以上進めず・・・目の保養しかできなかった。」(19歳/学生)

サークル内恋愛が盛んなサークルは、その雰囲気が伝染して恋愛がしやすい空気があるでしょう。サークル内恋愛があるあるとして浸透しているのか、先輩達の恋愛事情に探りを入れてみては?

4.活動が忙しいサークルは狙い目!

「暇なサークルと忙しいサークルをかけ持っていたけど、暇サークルはサークルの人たちと会う機会が少ないから恋愛に発展しにくくて、忙しいサークルは出会いの機会がサークルに限られてくるから内部恋愛が盛んだった。」(20差/学生)

忙しいサークルに入ると、プラベートの時間が作れないから、恋愛なんてしている余裕がなくなっちゃうんじゃないかな?そんな不安があるかもしれませんが、サークル内恋愛にはそれが強みになります!サークルで毎日顔を合わせているうちに自然と・・・なんてことが期待できますね!

5.他大と会えるインカレもオススメ!

「大学内だけじゃなくて、他大学の人とも会いやすいインカレは人脈も広がるから便利!彼氏の大学に潜り込むのが楽しい!」(19歳/学生)

高校までの部活と違い、他大学の人と同じサークルに入ることもできます。女子大だから恋愛のチャンスが無いと絶望する前に、インカレを探してみましょう!

おわりに

授業選びにサークル選び、大学の始まりは慌ただしいです!迷っているうちに入りそびれてしまわないように、でも残念なサークルに入らないように、楽しい学生生活に向けての一歩を踏み出してください!

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事