2014.04.06

「彼のセックスの手順がワンパターン」で悩む女性にオススメの解決法・4選


状況や環境を変えることはできても、彼のセックスの手順や愛撫の方法がワンパターンであまり楽しくないと嘆いている女性は多いようです。

「週末、彼の部屋に泊まるんですが、それぞれお風呂に入ってからベッドイン。少したつと彼がキスしてきて私の上に乗ってくる。裸にして胸を愛撫して、ちょっと下半身も愛撫して、コンドームして挿入。ときには私にフェラさせる。そんなパターンです。時間も短いから、私はほとんど感じない。早く終わってくれればいいなあと思ってる。つきあって1年でもうそういう状態。最初は結婚も考えていたけど、今はこれで結婚していいのかなと迷っています」(23歳=インテリア)

彼女の言うこと、よくわかりますよね。つきあっているうちに、セックスもパターン化してきてしまう。だけどそれじゃつまらない。では、ふたりのセックスを楽しいものに変えるためには、どうすればいいのでしょうか。

1.今日は濃厚にしてみたい、と話してみる

たとえばちょっとエッチで濃厚な映画のDVDを彼と一緒に見ながら、「こういうの、いいなあ」と自分の希望を言ってみる。あるいは雑誌のエッチな記事を彼に見せてもいいかもしれません。つまり、「今のセックスで満足していない」ことが、彼に伝わっていない可能性が高いので、映像や記事の力を借りて,自分の望むことをわからせる方法です。
「どうしたら感じる?」と彼が言ってくれれば、希望が叶う道が開けます。

2.いっぱい愛してあげる、と自分から行動に移す

「いつもワンパターンで飽きるのよ」と言ってしまっては、身も蓋もありませんから、自分から濃厚な愛撫をしてみてはどうでしょう。

「私はその方法をとりました。彼があっさり系の愛撫しかしないので、『今日は私が大サービスしてあげる』と言って、全身にキスを浴びせてフェラも丁寧にやって。彼が意外と背中で感じていたのが印象的でしたね。男性も下半身だけじゃなくて、あちこち感じるんだなあと。その後、彼が『今度はオレが』って、いつもよりずっと濃厚で丁寧な愛撫をしてくれて。そうしたら私、挿入してからも、ものすごく感じたんです。彼はそこで前戯の重要さに気づいたみたい」(22歳=学生)

してもらって初めて気づくことってあるのでしょうね。彼女の彼、その後は「今日はどんな感じでしたい?」と言うようになったそうです。

3.愛撫の最中に要求を伝える

彼が愛撫をしているとき、ああ、いつものパターンだなと思ったら、「もうちょっと優しくして」「もうちょっと強く」など、その場で希望を伝えてみるのもいいかもしれません。ふたりの関係を大事に考えている男性なら、きっとちょっとやり方を変えて、「こんな感じ?」と聞いてくるはず。そうしたら、さらにディテールを伝えていく。それを繰り返していけば、自分の好きな愛撫をしてもらえるようになるのではないでしょうか。

4.体位について

体位もまた、変えてほしくないときに変えてしまうとか、いつも正常位だけでつまらないとか、いろいろな不満が女性たちから聞こえてきます。
「私の彼は、正常位で数分たつと、バックで数分。そしてまた正常位に戻って数分というパターン。いつもそのパターンで感じると思ってるのかな。私は座位で見つめ合ったりしたいんだけど、どう言ったらいいのかわからなくて」(23歳=金融)
若い男性は、どうしても自分の性欲を優先させてしまいます。それは経験が少ないからしかたがないのですが、だからこそ、女性が「女の体や女の感じ方は、あなたが思っているほど単純なものじゃない」と教えていくことが大切です。
体位についても、変えてほしくないなら「まだ、このままがいい」ときちんと伝えたほうがいいでしょう。たまには彼の上に乗って、「じっとしてて」と自分から動いてもいいのです。女性が積極的になることで、男性も刺激を受けて、やる気が高まります。

おわりに

「こういうことがしたい」「こういうことはしたくない」「これは感じる」「これはあまり感じない」。そういった自分の好みや希望を素直に伝えることができる女性は魅力的です。言い方にもよりますが、そういうことを言ってもらいたいと思っている男性は多いようです。男性に、女性の体や感じ方はわからないものだから。そして、ふたりの関係をよりよいものにしていこうと考えている男性なら、恋人の言うことは必ずちゃんと受け止めてくれるはず。言わなければわからないこと、こちらから意志を示さないと気づいてもらえないことはたくさんあります。
「こんなこと言って嫌われないかな」と思うより前に、まずは伝えてみる。それがセックスのみならず、ふたりの関係をより強固にしていくように思います。

(亀山早苗/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事