2014.04.10

本命の彼が思わず彼女にしたくなる「この後どうする?」の正しい回答・4つ


以前執筆した、男性の「この後どうする?」に隠された本音・4つを掲載したところ、「本命の彼からの誘いにはどう応じたらいいの?」という相談を多数受けました! そこで今回は、男性が「本命の彼女にしたい!」と思わずにはいられない、望ましい回答法をご紹介したいと思います。

1.カラオケに誘う

「密室になれるカラオケに誘ってくれるあたり、自分に脈あり?って考えちゃいます」(25才/SE)、「帰るね。ではなく次に行こう! という誘いが嬉しい」(22才/販売)

歌唱力があればカラオケはあなたのアピールチャンスの一つに! もしカラオケが苦手でも、「静かなところで2人で話したかったんだ」なんて言えば男性もグッとくるようです。まず、密室でも2人きりでOK! という時点で本命の彼の期待感を高められますよ。

2.「どこに行く?」と首を傾げて聞き返す

「一応相手の意向を確認しつつ聞き返されると、自分の意見が言いやすくなります」(21才/大学生)、「そんな風に、しかも上目づかいで聞かれるだけで、その先の展開を勝手に期待して盛り上がってしまいます(笑)」(20才/フリーター)

男性は主導権を譲りたい生き物。女の子らしく首を傾げつつ、上手に相手の意向を聞き出してあげるとポイントが高いようです。行き先にもよりますが、聞き返した後、彼の意向に賛同できれば、より二人の関係は進展するでしょう。

3.「まだ帰りたくないな~」と言いつつ帰る方向へ

「期待させといて え? 帰っちゃうの? という展開。一瞬にして心を持っていかれますね!」(26才/建築)、「とりあえず楽しんでもらえたこともわかるし、自分の予定や主張が言える間柄であることもうれしいです。また誘ってもいいのかな?という期待が持てます」(28才/出版)

最初から「今日はもう帰ろう!」と伝えるよりも、「もっと一緒にいたかったな」「本当はまだ帰りたくないんだけど明日の朝早くて……」という伝え方をするだけで好印象が得られます。時間を気にせず遊んでいる印象を本命の彼に与えるのはNGですから、早めの帰宅はオススメ! そんなあなたに対し男性の脳内では、本当はまだ帰りたくない=また会いたい=好き という発想を抱くようです。

4.「もっと一緒に過ごしたいから家まで送ってもらってもいい?」と答える

「少しでも長く一緒に過ごしたいという気持ちがうれしい」(20才/専門)、「家まで教えてくれるのは信頼されている証だと感じる」(24才/営業)

「もっと一緒に過ごしたいから」なんて言われたらたまりませんね! 男性によっては命令されている気になり、嫌がる人がいるかもしれません。けれど、大半の男性はこんな風にお願いされれば悪い気はしないはず。間接的に「守って欲しい」と伝えていることにもなるのでなかなか良い回答です。

おわりに

本命の彼だからこそ安売りは禁物! 好きな人とは少しでも長く、そして中身の濃ゆい時間を過ごしたいと望む気持ちはわかりますが、狩猟脳を持つ男性にはジワジワ作戦が効果的! どれだけ焦らし、楽しみを先送りにするか、それが追いかけられ愛される秘訣です。男性に「次」を期待させられる女性がモテるのは、男性に楽しみを与え続けられるからでしょう。本命の彼に「この後どうする?」と尋ねられた時は、次回への期待感を高めさせつつ最終的には帰宅が望ましいようです。

(恋愛ウォッチャーaYa/ハウコレ)

関連記事