2014.04.11

なんだかうまくいかない・・・心の元気がなくなったときの対処法・5つ


この世の中にはイヤなことがいっぱいあるよね。ストレスがたまってくると、だんだん心が疲れてきちゃう。「病む~」が口グセみたいになってないかな?もしくは、あなたの周りにそんなコはいないかな?思い当たるふしがあるなら、しぼんだ心が元気になるコツを知っておこうね。

1.もっとつらい人がいる

働いてる職場でお客さんに怒られたり、上司に嫌味を言われたりするとストレスがたまるよね。辛くってもう出勤したくなくなってきちゃう。そんなときは、「もっとつらい人がいる」と思ってみてね。あなたは働いてお給料をもらえているけど、世の中には働きたいのに雇ってもらえないコもいるんだ。そんな状況に比べてみれば、「まだ私のほうがマシかも」って思えるから、病んだ心も元気になってくるよ。

2.どうせ意味ない

親がちょっとしかお小遣いをくれないと、お金持ちの友達がうらやましくなっちゃうこともあるよね。家が貧乏なことを不満に思い、ストレスがたまってどんどん心が病んでくる。そんなときは、「どうせ意味ない」と思ってみてね。だって、家がお金持ちでも、そのコ本人のことをリスペクトできるとは限らないから。人として魅力的なコじゃないと友達にはなりたくないよね。お金が人の価値の全てじゃないんだから、貧乏でも素敵な女子になって楽しく生きていこう。

3.見方を変える

人間関係が苦手で、なかなか人と仲良くなれないと、孤独を感じて心が病みやすいよね。ぼっちはイヤだって、みんな思ってる。でも、ここでちょっと見方を変えてみよう。ぼっちで孤独なのは、本当にダメなことなのかなあ?一匹狼(いっぴきおおかみ)っていう言葉もあるように、自分一人でなんでもできちゃうのは実はカッコいいんだよ。だれかと群れてないとダメなコじゃなく、一人で自立して生きていける女子は男子から見ても安心なんだ。

4.工夫する

付き合ってる彼氏に浮気されたり、束縛が激しくて重かったりしたら、女子のほうは傷ついて心が病んでもおかしくない。そんなときは、ちょっとだけ工夫してみよう。内面が未熟な男子だとしても、こっちが精神的に大人になって彼氏を育てていけばいい。ちょっと工夫して自慢できる彼氏にしちゃえば、あなたの心も元気になることまちがいなし。現状でとどまるんじゃなくて、まずは自分にできることを考えてみよう。

5.受け入れる

彼氏も友達も親もお金も仕事もぜーんぶストレスいっぱいでどうしようもないっていう場合は、心の病みかたも大きいよね。一つ一つに対処するのが辛かったら、みんなまとめて受け入れちゃおう。どんなに幸せそうなコにも悩みはある。心が病むのはだれだって同じなんだ。しかも、病んでる私たち人間なんて、宇宙から見たら単なるチリやホコリみたいなもの。病もうが病むまいが、結局は大して変わりないってことだね。

羽林由鶴さんからのメッセージ

病んでるときって、なんにもしたくなくなっちゃうよね。だから、心が元気なうちに、対策を考えておくのが大事なんだ。もし元気がなくなっちゃったときに、やっぱり何もできなかったとしてもいいんだよ。実際には何もできなかったとしても、やるべきことがわかっているだけで安心できるからね。

(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事