2014.04.14

バーで大人な男性と「遊びじゃない出会い」をする方法・4つ


バーといえば、大人の社交場。「バーに行けば大人の男性と出会えそう!」そんなイメージを持っている人も多いのでは? 
バーに飲みにいって良い出会いにつなげるためにはどうしたらいいのでしょうか。
元バーの店長である筆者が、お客様の恋愛模様を日々観察してきた経験からお答えします。

1.バーに来る客層とは

バーの主要な客層は、30代以上の男性。パターンとしては、1人で来る、男性同士で来る、カップルで来る、の3つが殆どです。
バーでビールを飲むとグラスで1杯800円~はします。(チャージが別途1000円前後かかるのが平均的)
当然ですが、1杯290円のビールが出てくる居酒屋に行く男性と比べるとリッチである可能性は高いでしょう。女性同士で来るお客様は少ないので、行くと目立ちます。

2.カウンターに座るべし

バーは、カウンター席とテーブル席が別れているお店が多いですが、出会いにつながりやすいのはカウンター席です。
隣のお客様と席が近いと、なにかと会話のきっかけを掴みやすいでしょう。ナンパ目的のお客はお断り!という堅い雰囲気のバーもあるので、お店の雰囲気や客層を見て判断しましょう。

3.常連になるべし

バーテンダーと仲良くなって紹介してもらうのが1番手っ取り早くて安心かもしれません。一見とっつきにくいバーテンダーでも何度か通えば覚えてくれて親切にしてくれるようになります。

お酒が飲めない女性でも大丈夫。ノンアルコールの美味しいカクテルは沢山あります。さっぱり柑橘系が好きなら、レモン、オレンジ、パイナップルを使ったフルーティーな『シンデレラ』や、炭酸系が好きならジンジャーエールを使った『サラトガクーラー』などがおすすめです。

4.自分から話しかけるべし

チャラチャラしている感じのお店では、男性から声をかけられやすいかもしれませんが、そういうところで声をかけてくる男性は他でも簡単に声をかけているかもしれません。
ある程度堅い雰囲気のしっかりしたバーで自分から話しかける方が、ちゃんとした男性と出会える可能性は高くなります。「バーに飲みに来ている女性は男漁りに来ている寂しい女性だ」と勘違いして、一夜の出会いを求める男性ががっついて声をかけてきてしまう可能性もあるのです。判断力が鈍るので、あまり飲み過ぎないようにして冷静に見極めて話しかけましょう。

5.次もお店で会う事

お店で会話をして親しくなったとしても、いきなり外で会うのではなく待ち合わせてそのお店でもう一度会ってからにするのが安全。お酒が入るとリラックスできるといういい面もありますが、お酒の場で会うのが当たり前という形から始まると真剣な交際には発展しにくい可能性もあります。また、前回はただ酔っぱらってかっこよく見えただけの可能性もあります。

おわりに

バーテンダーと仲良くなって『こんな人と出会いたい』と具体的に希望を伝えておけば、もしお客様で好みにあう人がいれば紹介してくれる可能性もあります。初めてのお店にあちこち行くよりは、自分が通いやすいお店で常連になるのも近道かもしれません。

思い切って、普段行かない世界の扉を開けてみるのも素敵な出会いのきっかけになるかもしれませんよ。

(上岡史奈/ハウコレ)

関連記事