今や希少な肉食系!「体育会部活男子」と付き合うべき5つの理由


皆さま、体育会の男子と聞くとどのようなイメージがあるでしょうか?
“爽やかでかっこいい”という肯定的なイメージや、“暑苦しくて汗臭そう”という批判的なイメージなど様々かと思います。
今回は体育会部活出身者(20代)に協力を頂き、こういった表面的なイメージから一歩掘り下げて彼らの内面を取材してみました。すると意外にも女子を幸せにしてくれる要素が満載だったことが判明。ということで「体育会部活男子と付き合うべき5つの理由」をご紹介します。

1.本命女子には一筋

「体育会の奴って小さい頃から部活一筋で努力してきた人が多いと思う。
だから本命の子にはとことん一筋だよ。まぁフリーのときは派手に遊ぶ奴も多いけど。(T大 アメフト部・現役)」

長年、厳しい部活を熱心に取り組んできたことを考えると“大切な人を大切にする力”が凡人とかけ離れていそうですね。本命彼女はラッキーかもしれません。一方で本命以外にはチャラいを通り越して“野獣”の彼ら。遊び相手になってしまうと大火傷する可能性大です。彼らを狙うときは本命になるつもりで近づきましょう。

2.意外とマメで尽くす

「地獄のようにきつい練習を続けてられるのだから意外と俺らってドMなのかな?(笑)好きな子のわがままは大抵、可愛いと思えるね。部活で死ぬほど疲れている時でも彼女から迎えに来てって言われたら夜中でも行っちゃうし!(K大 ラグビー部・OB)」

普段から厳しい練習に耐えている彼らにとって、彼女のわがまま位、ちょちょいのちょいといったところでしょうか。逞しいです。わがままキャラに抵抗がある女子でも勇気を出して可愛くお願いしてみましょう。“はい!喜んでー!”ってな具合に意外と快く聞いてくれると思いますよ。

3.何事にも前向き

「自分の座右の銘は『チャンスの神様は前髪しかない』です。上手くいかないことがあっても、チャンスが舞い込んだ時にすぐに飛びつけるように常に前向きな気持ちでいるよう心がけています。チャンスの神様は後ろからでは捕まえられませんから。(W大 バスケットボール部・OB)」

恋愛には試練が付き物。壁にぶつかった時に、ネガティブ発言しかできない人とは問題を一緒に乗り越えることは難しいでしょう。前向きで幸運のチャンスを逃さないポジティブ男子ならいい関係を長く続け、あなたのことを幸せにしてくれるはずです。

4.将来有望

「部活出身者はプロになる人もいるし、大企業への就職も部活採用枠で割と簡単に決まるね。入社してからも持ち前の体力と気力でバリバリ仕事する人が多いし、将来は安泰だと思う。(W大 野球部OB)」

プロスポーツ選手なんて女子アナにでもならない限り、お近づきになれないと思っていましたが・・。学生のうちから付き合っておけば玉の輿も夢ではありませんね。また大企業への就職も部活ルートなら“面接一回で内定”なんてことも。就職難のこのご時世になんという優遇ぶり。結婚まで見据えて付き合うなら将来有望に越したことはありません。

5.親ウケがいい

「先輩後輩の上下関係が厳しい環境で育っているから、目上への敬語や気遣いは早くから身に付くね。だから彼女親の受けがバッチリな奴が多いよ。」(W大 野球部・現役)

付き合いが真剣になればなるほど、大好きな彼を親に会わせたいと思う人も多いのではないでしょうか。目上の方への礼儀を重んじる体育会系男子なら安心して親に紹介できますね。親公認の仲になれば、門限がゆるくなったり、外泊がOKになったりなどといったお得もあるかもしれませんよ。

さいごに

いかがでしたでしょうか。なかなかの紳士で誠実な体育会部活男子。物静かで知的な文化系男子がお好みの女子も一度は付き合ってみてはいかがでしょうか。そこらじゅうの幸せのチャンスを根こそぎ捕まえて、あなたを世界一のハッピーガールにしてくれるかもしれません。

(城山ちょこ/ハウコレ)