2014.04.16

業界別!狙った男性を振り向かせる秘訣・4つ


金融、IT、飲食…世の中にはたくさんの「〇〇業界」がありますが、この業界には遊び人が多く、この業界には堅実な人が多い、なんて話を聞くことはありませんか?確かに、その業界によって、カラーは大きく異なり、その業界に属する男性のタイプも違います。さて、あの業界にいる気になるあの人をどうしたら振り向かせることができるのでしょうか?

1.起業家&個人事業主

「起業家の彼と出逢ったのは、まだ彼が普通のサラリーマンだった頃。でも、彼の野心は尋常じゃなかったから“この人に一生ついていこうと決めた”。それからは、彼に尽くす毎日だったけど、今では最高の旦那様で事業もうまくいっている」(32歳/B子)

「私の彼はカメラマン。初めて逢った時に、この人だ!と思ってからは、私も写真についてとことん学んだ。彼と同じものに興味を持てることが幸せで仕方なくって…。そしたら、彼も“お前みたいに自分についてきてくれる人はいなかった”と言ってくれて、今では良い夫婦」(30歳/H)

自分の信念を信じて生きている起業家や個人事業主は、やはり自分についてきてくれる女性に弱いのでしょう。相手を上手に立てながら、二人の関係を深めていくことがポイントとなりそうですね。

2.IT業界

「毎日、残業ばかりで、疲れきっていた彼に片思いしていたんだけど、その彼の疲れを少しでも癒したくって、誕生日には彼の大好きな美味しいお酒をプレゼントしたり、肩のコリをマッサージしてほぐしてあげたら、すごく喜ばれた!そんなことを繰り返していたら、最近、彼から付き合ってほしいと言われた」(26歳/Mさん)

日々、新しいものが生まれていくIT業界では、新しい技術に新しい知識の習得が、常に必要とされます。そのため、ややお疲れ気味な男性も多い業界と言ってもいいかもしれませんね。そんな業界で働く彼に恋をしたのなら、相手にとっての癒しになるのが一番でしょう。

3.飲食業界

「飲食業界で働く彼は、いつも人に気を遣っていて、グッタリしていた。お客さんに自分の元気を分け与えるのが仕事、なんて言っていたけど、本当は疲れを取りたかったんだと思う。だから私は彼が忙しいときに連絡するのは控えることにした。3日に一回くらいLineで“元気かな?無理しないでね”と軽いメッセージを入れるくらい。でも、それが彼にとっての癒しになっていたみたいで、彼から交際を申し込まれたよ」(24歳/Oさん)

飲食業界で働く彼には、相手の状況を細かく把握して、相手が求めていることを与えてあげるのが効果的でしょう。知り合って間もない相手だと難しいかもしれませんが、相手の微妙な反応をキャッチし、どうして欲しいのかを知ることが大切だと言えます。

4.金融業界

「数字に追われる生活を送っている彼。たまには数字から開放され、自由になりたいと思っているんじゃないかな、なんて思っていた。そのため、私は彼とデートするとき、自然が多い場所を選ぶようにした。高尾山にも一緒に登ったし、一日中、湘南の海を眺めていたこともある。彼にとっては、それが良かったみたいで、すごく満足してもらえたよ」(34歳/N子さん)

日常を脱して、まったく違う場所に行きたいと思う人は多いでしょう。そんな彼の願望をさり気なく叶える手助けをするのは、恋を成就させる近道だと言えます。金融業界で生きる彼にとっては、自然こそが、非日常で癒しとなるのかもしれませんね。

さいごに

業界別に男性を振り向かせる秘訣をインタビューしていくと、その彼の日常とは少し違った癒しを与えることが大事だと感じました。彼がどんな種類の疲れやストレスを感じているのか、まずはそれをつかむことから始めていきたいですね。

(羽音/ハウコレ)

関連記事