2014.04.21

肩こり解消に効く!おすすめアロマオイル4つ


春は気温や気圧の変化も多いので、冷えや肩こり、腰痛など、不調に悩む女子も多いのでは?中でも肩こりは女性が訴える症状でもっとも多いと言っても過言ではありません。改善の方法は、マッサージやストレッチなど様々ありますが、今回は、おうちで簡単にできるアロマタオル温湿布の方法と、肩こりに効果的なアロマオイルを4つご紹介します。

アロマタオル温湿布

(1)触れられる程度でやや熱めのお湯を洗面器にはり、アロマオイルを3~5滴程たらします。

2)そこにタオルを浸し、お湯に浮いた精油をすくうように取り出したタオルを絞ります。

(3)精油のついた面を内側にして首や肩などの凝りを感じるところに5分ほど当てましょう。 

アロマテラピーによる温湿布をすることによって、皮膚が温まって血行がよくなり、精油の成分も吸収されやすくなります。また、香りの効果で緊張した心を解放し、肩こりになりにくい状態にも導いてくれます。

肩こりに有効なアロマオイル4つ

1.ラベンダー
鎮静作用のある精油としてアロマテラピーでも代表的なものです。痛みを和らげ、心身をリラックスさせる効果があり、不眠の改善や緊張も和らげてくれる効果があります。神経系を調節して心身のバランスをとり、心を落ち着かせる手助けをしてくれるので、頭痛を伴うような肩こり、心配事があるときやうつ状態に陥っているときに感じる肩こりに効きます。

2.ローズマリー
血液循環を促す効果に優れていて、筋肉を緩める働きがあります。鎮静させ過ぎずに痛みを緩和してくれるので、オーバーワークで疲労した肩こりに効果的です。また、脳細胞を活気づけ、頭脳を明晰にして記憶力を増進させる効果もあるので、疲労困ぱいした心を元気づけて、心を強くしてくれます。

3. スイートマジョラム
血液循環を活発にする作用があります。動脈と毛細血管とを拡張することで血液を流れやすくし、気持ちがよく温かいという感じをもたせてくれますので、冷たくこわばった肩こりに効果的です。消化器系の不調を和らげる効果もあるので、消化不良などからくる背中の痛みにも有効です。また、神経系を鎮静する作用もあるので、不安やストレスから解放して気持ちを楽にしてくれるでしょう。

4.ペパーミント
冷却作用に優れていて、消炎効果で筋肉痛を和らげます。暑いときには冷やし、寒いときには温めるという二重の作用を発揮する精油ですので、風邪の症状からくる肩こりにとても効果的です。また、イライラがつのって精神的な疲労を起こした場合や、緊張した状態からくる肩こりを鎮めてくれるでしょう。胃の筋肉をリラックスさせて、そこにかるい麻酔作用をおよぼしてくれるので、便秘や下痢といった消化器系への作用も有効です。
ペパーミント油は、刺激の強い精油です。粘膜を刺激してしまうことがありますので、眼の近くでは使用しないようにしましょう。

おわりに

アロマテラピーの精油選びは、自分が心地よく感じる香りを選ぶことが重要です。簡単にできるアロマタオル温湿布、是非試してみてください。花も咲きほこった穏やかな春に、肩こりを解消して、心も体も軽く穏やかに過ごせますように。

(土田香織/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事