2014.04.20

合コン・新歓コンパのあとはコレで決まり!2次会カラオケの鉄則・5つ


みなさんこんにちは! 漫画家で恋愛コラムニストの斉田直世です。

合コンや新歓コンパの一次会で、「気になる彼と席が遠くて話せなかった・・・」、「仲良くなった彼と、もっと仲良くなりたい!」そんなときには、二次会の定番、カラオケで勝負です!

カラオケボックスは、狭い密室で自然と密着度が上がり、一次会からのほろ酔い状態&
薄暗い照明効果で、普段の3割増に見えるという、男女が仲良くなるには格好の場所(ただ、相手も3割増に見えてしまうこともお忘れなく)。

というわけで今回は、2次会で訪れたカラオケボックスで、気になる彼と距離を縮めるテクニックをご紹介したいと思います。

1.ボックス内ではカドを取れ

大音量のBGMが流れる室内では、席が離れてしまうと一巻の終わり。会話もできずに時間だけが過ぎていくことになります。お目当ての彼がいるのなら、一次会のお店を出た時点から、横にピタリと張り付いて、そのまま二次会会場まで移動しましょう。これで、彼の隣はリザーブしたも同然です。

オススメの席は、お膝が触れ合えて、彼の視界に自然と入り込めるカド席。ここを二人で陣取ることができれば大成功です。もし、席とりに失敗した場合は、お手洗いで出入りするタイミングで、彼の隣を狙っていきましょう。

2.狭さを利用したボディタッチ

狭い室内では、人数が多いほど、密着度が上がります。カド席でお膝が触れ合うのはもちろん、数の少ないデンモクを一緒に覗き込むとき、店員さんが持ってきたドリンクに手を伸ばすとき、お手洗いに出るため、「ちょっとごめんね」と彼の前を通るとき、自然とボディタッチの回数が増え、「ドキッ」とさせることができるはずです。

3.リアクションはキャバ嬢並に

彼の歌唱中は、決して自分の曲選びに夢中にならず、バラード曲なら、うっとりと静かに聴き入り、盛り上がる曲なら、一緒に口ずさんだりしましょう。歌い終わったら、拍手とともに、「美声だねー」、「いままで聴いた○○(曲名)の中で、一番上手かった!」、「○○君の後に歌いたくないなぁ」と、キャバ嬢の如くホメ讃えます。ただ、お世辞でも上手いとは言えない場合は、無理にホメても白々しいだけ。そんなときは、「私、この曲好きなの~」、「○○(アーティスト名)いいよね!」と曲自体をホメればOKです。

4.エロ苦しげな表情を見せる

実は、高音を無理に出すときの苦しげな表情って、エッチで「イク」ときの顔に近いんです。この「高音ムリ出し顔」を見せて、男ゴコロをかき乱すためにも、高音パートのある曲はレパートリーに加えておきたいところ。無論、本気で苦しんでいる顔は見苦しいだけですので、どうぞ鏡を用意して、意識的に「エロ苦しげ」な表情をつくる練習をしてみてくださいね。

5.お手洗いタイミングを見逃すな

カラオケ中、難しいのが、お手洗いに行くタイミング。複数人が一気に外に出てしまうと、歌唱中の人に失礼ですから、自分の曲を歌い終わった後や、食べ物や飲み物が運ばれてきてバタバタしている最中に、サッと出ていきましょう。お目当ての彼が、お手洗いから帰ってくるタイミングを狙って外に出れば、部屋の外で鉢合わせする可能性大。万が一、彼と席が離れていても、「遠くて、あんまり話せないね」、「歌上手だよね! ○○(アーティスト名)よく聞くの?」と、二人きりで話すチャンスです。

まとめ

いかがでしたか? 中には、「カラオケは苦手だから、二次会はパス……」という人もいるかもしれませんが、この際、歌の上手い下手は関係ありません。自然と増えるボディタッチや、彼の歌へのリアクション次第で、二人の距離をグッと縮めることができるチャンスなのですから、是非とも参加してくださいね。

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事