2014.04.21

彼氏にはぜったい内緒!浮気相手との上手な付き合い方・5つ


女子の肉食化によって恋愛に積極的な方もかなり増えてきました。「浮気」と聞けばなんとなく男子がやらかすものだというイメージがありますが、最近はどうやらそんなこともなくなってきているみたい?今回は現在もしくは過去に浮気したことがあるという女子に、浮気相手との上手な付き合い方について聞いてきました。浮気の最低限のマナーは、「絶対にバレないようにする」です!

1.忙しいアピールをしておく

「普段から友達とか家族とか趣味とか仕事とかで忙しいアピールをしておけば、急に本命から誘われたときに『ごめん仕事が入っちゃった』って行きたくない方を断れる」(25歳/事務)

なるほど。相手も社会人ならこれで納得してくれそうです。「忙しいからメールもあんまり返せないかも~」、「誕生日は趣味の集まりが~」ってね。

2.ケイタイは見られても大丈夫な状態

「むしろ怪しまれそうだからケイタイにロックはかけてないです。浮気相手が職場にいたらアドレス帳の名前を○○さん(上司)とかにしたり、そうじゃないならハルちゃんとか女の子っぽい名前に変えてる」(22歳/アパレル)

連絡は必要最低限、イチャイチャメールはぜったいにしないようにしましょう。「今日はありがとう、また飲みに行きましょう」くらいの内容だったら、もし消し忘れて見られたとしても上司や友達ってことで言い逃れができます。

3.浮気は自分の中でとどめる

「浮気してることはどんなに仲のいい友達にも言わない。言ったら100パーセント広まるもん」(18歳/学生)

これは本当に鉄則ですね。友人の浮気や二股を良く思う子はそうそういません。浮気カミングアウトを「そうなんだ」と表面上は受け入れた態度を取っていたとしても、次の日にはクラスのトップゴシップになっているかもしれないのです。

4.行動範囲を分けておく

「彼氏と浮気相手の行動範囲がかぶらないようにしてる。浮気相手とのデートは相手の家に行くのがメインで、外出するときはドライブで遠いところに行く」(20歳/学生)

いつどこで誰に見られているかわかりません。こうすることで、街で彼とばったりなんて事態を防げますね。なるべく浮気相手との行動は遠いところにしましょう。

5.家を知られないようにする

「浮気相手は絶対家に入れないし、送ってもらわない。彼氏とハチ合わせたら大変だし、あと腐れなく別れられるように」(24歳/営業)

そろそろ一途になろうかなと、浮気相手との関係を清算したくなったとき、家バレしていると面倒です。押しかけられたりしないようにするために、自宅は特定されないようにした方がよさそう。

おわりに

浮気はするもんじゃないけれど、どうしても・・・というときは、以上のことを徹底し、絶対に彼にも浮気相手にもばれないようにしてくださいね。でも、火遊びも度が過ぎると大やけどしちゃいますよ!

(倉持あお/ハウコレ)

関連記事