2014.04.22

飲みの席で男性に「お持ち帰りOK」を伝える仕草・4つ


まず女性のみなさんにお伝えしておきますが、みなさんが思う以上に、男性は、「セックスをしたい」と常に考えています。しかし、自分から誘う勇気は案外ありません。お酒の力を借りて、その反応を見てお持ち帰りできるかどうか悩みに悩んだ結果、誘わないこと多々あります。飲みの席からお持ち帰りされたいときは、どんどん女性から分かりやすいアピールを出さなければいけません。

今回は、飲みの席で男性にさりげなくセックス欲を伝える仕草をご紹介したいと思います。

1.グラスをしごく

「飲み会でグラスをしごいてる女の子いたらエロくて興奮する。思いっきり誘ってるのがわかるから、絶対にお持ち帰りを申しでるね。しごいてる動作は誰がやってもエロい」(27歳/メーカー) 

男性は、妄想が大好きです。グラスを上下に触っているだけで勝手に興奮してくれるのです。分かりやすくゆっくりと、優しい手つきでこすっていると必ず男性は気がつきます。エッチしたい欲がたまっているときは、どんどんグラスを使ってアピールしましょう。上級者には、自分のグラスではなく、彼のグラスをしごくことをオススメします。

2.彼の太ももに手を置く

「太ももに手を置かれるのはやばいね。本当はおれが彼女の太ももに手を置きたいのに、相手からやってこられるともう我慢できなくなる。誘うの上手過ぎるよなあ」(25歳/放送)

男性は、太ももとアソコの神経がつながっています。太ももを触られると、どうしてもアソコのほうも、反応してしまいます。手を置かれたら、そのままアソコも触って欲しいと悶絶してしまい、我慢できずに必ずお持ち帰りに誘うことでしょう。飲み会の席が隣なら、必ず披露するべきテクニックです。

3.もたれかかる

「女の子がもたれてくると、女の子特有の体の柔らかさが感じられてやばいね。もたれてくるってことは、おれに身を預けてどうなってもいいのかなって、誘いたくなる」(26歳/保険)

男性は、女性の体に触れたいと常々思っています。女性のほうからもたれてこられると「この子はおれと体が触れ合っても嫌じゃないんだ」と認識します。気になる男性がいればもたれかかっていきましょう。そのためには、カウンターや横並びで食事ができるお店がベストです。バーは持ち帰られるために行く場所です。どんどん活用しましょう。

4.顔をあおぐ

「酔っぱらってるといくらなんでもいけるよなって思う。顔をあおいだりして赤くなってる女の子は可愛いし、絶対にホテルに誘う。逆に酔わない女の子は誘えないね」(29歳/銀行)

男性の中には、酔わせてセックスに誘うために飲み会に参加している輩も大勢います。女性と二人でお酒を飲むのもセックスのためです。最初からできないと分かっていたらお酒なんて飲みません。顔をあおいで酔っ払って熱くなっていることを分かりやすく仕草で伝えましょう。男性は酔っ払っている女性なら確実に口説いて来ます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
男性は、誘う勇気がありません。女性の側から、隙を見せてセックスがしたいことを伝えて行きましょう。以上のことをすれば確実に誘われますよ!とはいえ、知らず知らずのうちにやってしまっている、という方は「そんなつもりじゃないんですけど」という事態も招きかねませんので、要注意です。
 
 (岡田トオル/ハウコレ) 
関連キーワード

関連記事