2010.08.10

海水浴に持って行くと便利な持ち物~定番から応用まで~

水着、タオル、ビーチサンダルは当然持って行くとして、それ以外にも必要なものはありますね。筆者の独断で必須だと思うものから順に紹介していきましょう。

レジャーシート

場所取りにもなります。端にバッグなどを置いて飛ばないようにします。
貴重品は海の家に預けておくことができます。


小銭入れ

海では大金を持ち歩きません。数千円入れられる小銭入れを持っておきましょう。いつも使っているカードなんかが入った財布は持って来ない方が良いでしょう。

なくしてもいいような時計

海の家には時計がありますが、他の場所にはなかなか無いかもしれません。水にも濡れるでしょうから、いつも大事に付けている時計ではなく、なくしても平気な時計を持ちましょう。
100円ショップにも時計は売っていますよ。

ビニール袋を数枚

  • 濡れた水着用
  • タオル用
  • ゴミ袋用×3
などで計5枚くらいはあった方が良いかもしれません。もちろん人数にもよります。
ゴミはちゃんと持ち帰りましょう。

飲み物

せっかくの海水浴で熱中症なんて厭でしょう。飲み物はたくさん持って行って、水分補給がいつでもできるようにしておきます。海の家などは、少々高いし、近くのコンビニでは売り切れてるかもしれないので、海に到着する前に買っておくのがベストです。
炎天下でのお酒はほどほどに。

クーラーボックス

ビールやジュースなど飲み物を入れておくのにかなり便利です。飲みたくなるたびに海の家で買うのはお金も手間もかかりますが、これさえあれば海に着く前にコンビニやスーパーで買っても冷え冷えの状態で飲めます。
ちょっとしたつまみやお菓子、濡れたタオルなどを入れておくのにも便利です。

バンドエイド

砂浜や海の中で足を切ってしまうこともなきにしもあらず。大して荷物にもならないのでこれくらい持ちたいです。

日焼け止め

海ではあっという間に焼けてしまいます。たくさん入っているか確認し、何度も塗り直します。
焼きたい人は日焼けオイルが良いですね。

サングラス

普段から慣れていないと海ってすごく眩しいです。太陽と太陽が海に反射してダブルで日差しが攻めてきます。

帽子

帽子も熱中症の防止になります。

ビーチボールや浮き輪など遊び道具

のんびり海に浮かんでいたければ浮き輪がいいですね。
活発的にというのなら、ビーチボールひとつあれば大人数で遊べます。

現地に着くまでの車の中で膨らますのも良いですし、海の家によってはエアー入れを有料でやってくれます。

サマーベッド

これは海に慣れている地元の人が持つ物…と思いきや、ネットで見てみると安いので2000円くらいで売っていました。意外とお手軽ですね。

手持ちの花火

泊りがけなどで夜も海にいる場合は花火があるとさらに楽しくなりそうですね。この場合、ゴミ袋はさらに多めに持っていく方が良いでしょう。

おまけ

パラソルなんかは現地で借りることができます。大事な日除けになりますね。これも買うには買えるのですが(安いので6000円のものもありました)、重いし荷物になるので、借りるのが無難かと思います。

持ち物が決まったら、当日の流れをイメトレしましょう♪

「海デートを楽しむためのステップ」

水着選びはこちらを参考にしてください。

「体形別!スタイルアップ水着の選び方」

 

関連記事