笑顔に映える「白い歯」を手に入れる方法


女の子の最大の武器は笑顔。
「笑顔がかわいいね」
なんて言われて嬉しくない女性はいないはず。
その最大の武器を活用するためには白い歯が欠かせません。
今回は、歯を白く保つためのちょっとした工夫を紹介したいと思います。

歯の着色の原因は?

歯が着色してしまう主な原因として、色の濃い食べ物や飲み物を摂る事や、喫煙などがあげられます。
具体的には、カレー、チョコレート、キムチ、ソース、醤油、ケチャップ、コーヒー、ココア、紅茶、お茶、赤ワインなど…
食べると舌に色が付いちゃう食べもの、って言うとイメージしやすいかも。
こう考えると、私たちは、毎日どれかは、必ず口にしていますよね。

ケア方法1:歯磨き粉で歯を白くする

毎日必ず行うのが歯磨き。
せっかくなので、歯を白くする歯磨き粉を使ってみてはいかがですか?
最近はホワイトニング効果をうたった商品がたくさんあるので、すでに使っている人も多いでしょう。
歯もお肌と一緒で、人によってタイプがあるので、いろいろ試してみて、自分に合った歯磨き粉を見つけてみてください。

ケア方法2:ホワイト二ング

白い歯を手に入れたいなら、定期的にホワイト二ングするのがオススメです。
ホワイト二ングには歯医者さんでやってもらう「オフィスホワイト二ング」と、歯医者さんで作ってもらった自分専用のトレーを使ってお家で行う「ホームホワイト二ング」の二つがあります。
オフィスホワイトニングの方が効果がすぐに現れますが、色の戻りも早いです。
一方、ホームホワイトニングは1日2時間を2週間ほど続けなくてはいけないので、面倒に感じるかもしれませんが、ゆっくり白くなるので、自然な白さになるし、色の戻りもオフィスホワイトニングに比べたら遅いです。
このようにどちらも長所短所があるので、自分に合った方を選んでやるのがいいと思います。
ちなみに、1番オススメなのは両者を併用する「デュアルホワイト二ング」です。
これからホワイトニングをしてみようという人は、まずはオフィスホワイトニングをしてみて、効果を実感してみるのがいいと思います。

ケア方法3:日常でのちょっとした工夫

白い歯を保つために、私が日々行っている習慣をご紹介します。
まず、色の濃い物を食べたり飲んだりしたら、なるべくすぐ、うがいまたはハミガキをするのを忘れないこと。
とは言っても、なかなか外では難しいと思うので、そんなときはお水を飲むようにしましょう。お水で流すことで着色を防ぐことができるんです。
あとは、ストローを使って飲むこともオススメです。
ストローを使えば、色の濃い飲み物もほとんど歯に触れることなく飲むことができるので、着色を防ぐことができます。

さいごに

いかがでしたか?
白い歯を手にいれて、気になる彼に微笑みかけてみてください!!
きっと彼もあなたの素敵な笑顔で、ドキッとするはず♪

(中嶋麻優子/ハウコレ)
関連キーワード