2014.04.24

友情にヒビ?!何も悪いことしてないのに疑われたときの対処法・4つ


自分に非があるときは疑われてもしかたないけど、何もしてないのに疑われるのってヤだよね。なんだか「おまえが悪い」って言われてるみたいでショックだし、なんで疑われなきゃなんないのかよくわかんない。そういうときって、みんなだったらどうしてるかな?
疑うのをやめてもらうためには、実は疑われたときのあなたのリアクションが大事なんだ。どうすれば疑われないですむのか、コツを教えちゃうよ。

1.怒らない

怒って「疑ってんじゃねーよ!」なんて大声で叫んではいけないよ。「私のこと信用できないっていうの!?」とかって逆ギレするのも逆効果。そんなふうにされると、相手はますますあなたのことを疑いたくなっちゃうからね。なぜなら相手は、「怒るってことは図星?」って思うから。本当に何も悪いことをしていないなら、怒らないで普通に受け答えをしていればオッケーだよ。

2.泣かない

疑われたとき、怒り出しはしないけど、なんだかとっても悲しくなるっていうコもいるよね。特に、こっちが心から信用していた相手から疑われちゃったときなんかテンションがた落ち。でも、だからといって相手の前で泣くのは要注意。ウソ泣きでもコロッとだまされちゃうくらいのチョロい相手ならいいけど、そうじゃないと「泣いてごまかそうとしてる」と思われちゃうからね。泣いて悲しい思いを伝えるのは疑いが晴れたあと。

3.質問しない

何も悪いことをしてないのに疑われたときって、なんで自分が疑われたのか、その理由が気になるよね。だからついつい「なんで疑うの?」とかって聞きたくなる。だけど、その質問をするのはもっと後にしよう。疑われてすぐに聞いちゃうと、「こいつは話したくないから逆に質問してるんだ」と思われちゃうからね。本当に何も悪いことをしてないなら、疑いを持っている相手から聞かれたことにまず答えるといいよ。

4.証拠を見せる

怒ったり泣いたりせず普通に答えてるのに、それでもまだ疑ってくる人も中にはいる。いくら口で説明してもわかってくれないなら、目で見える具体的な証拠をつきつけちゃおう。簡単に言えば、「ポテチ食べたろ」って疑われたとき、「食べてないよ」って言っても信じてもらえなかったら、まだ開けてないポテチの袋を見せればいいってこと。そしたら相手も疑うのをやめて、「疑ってごめん」って謝ってくれるかもしれないよ。

羽林由鶴さんからのメッセージ

「昔いろいろ悪いことしてたから、今でも疑われるのはしかたない・・・」って思ってるコはいないかな?
そんなことないよ。昔と今は別だからね。今もし疑われちゃうことがあったとしても、それは全然あなたのせいじゃないんだよ。実は相手のほうに原因があることも多いの。心が広い人なら疑ったりしないケースでも、心が狭い人だったらすぐ疑い始めるからね。疑う側もストレスを感じているから、疑われた側のあなたが上手にリアクションしてあげることによって、相手の感じているストレスをやわらげてあげよう。そうして相手の心を広くしてあげれば、もう細かいことでいちいち疑われなくなるから、こっちのストレスも減ってくるよ。

(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事