2014.04.26

開運フードで恋愛運をアップする方法


忙しい毎日、美と健康のために、栄養バランスに気を付けている方は多いかもしれません。でも、実はそれだけではありません。食べ物には、恋愛運を上げる「気」を持っている物があるのです。東洋占術、九星気学の考え方を中心に、スピリチュアルな視点もプラスして、恋愛運を上げる「気」を持った食べ物をご紹介します。

細長い形状の食品

スパゲティや麺類(そばを除く)、ウナギやアナゴなどの細長い形状の食品は、「人間関係のご縁を繋ぐ気」を持っており、正式な恋のお相手との縁を取り持ってくれます。
デートや合コンの前に食べておくのも良いですね。友達以上恋人未満の彼と一緒の時にもお勧めです。
ちなみに、そばは麺類ですが、材料などの関係から、他の麺類とは違って「運を切り替える気」を持っているので新しいスタートにぴったり。過去の恋に別れを告げる時などに「気」をもらうと良いでしょう。

お刺身

お刺身やお寿司は「情愛の気」を持っているので、彼ともう一歩深い関係になりたいあなたにうってつけ。デートの時に食べるのにピッタリです。また、アルコール類は同じ「情愛の気」と「恋愛の喜びの気」を持っているので、お刺身やお寿司と一緒にお酒を飲めば、セクシャルなムードを高めてくれるでしょう。

鳥肉

鳥肉は、肉類の中でも「恋愛の喜びの気」が強い開運フード。デートの時や意中の彼と一緒の飲み会で食べるのも良いですね。手料理のレパートリーとして、ぜひ鳥料理を押さえておきましょう。
からあげ、チキンカレー、焼き鳥・・。鳥肉が苦手な方は、チキンスープもお勧めですよ。

煮込み料理

手料理には「気」が入りやすいのですが、特に煮込み料理は長時間煮込むことで「愛の気」がしっかりと入ります。(心を込めて料理しなければダメですけれどね)
じゃがいもなどの根菜の具材が入るものなら、なお良し。じゃがいもは「コツコツと継続する気」を持っているので、彼との関係を安定して継続させていくためにも「気」をもらいたいですね。

おにぎり

実は、おにぎりはとってもスピリチュアルなフードなんです。知っていましたか?
手から「気が出る」「エネルギーが出る」・・・なんて言うと、特別な能力のある人だけのことだと思いがちですが、特別なことではないのです。子供の頃、お母さんに「痛いの痛いの飛んでいけ~」とおまじない(?)をしてもらった記憶はありませんか?「手当てをする」という言葉もあります。私たち誰もが持っている能力なのです。
手でおにぎりを握るということは、「気」を入れるということでもあるのですね。「伝えたい想い」「愛」をこめて握りましょう。アウトドアのデートにはもちろん、仕事で忙しい彼、スポーツで頑張る彼、そんな時の差し入れにもピッタリ。おにぎりを食べた時に、彼の中にあなたの「愛」が広がっていくでしょう。恋人未満の彼に、あなたの存在をアピールするのにも役立ちそうです。
最近は、ラップにご飯を乗せて、キュッとひねっておにぎりを作る方法も人気ですが、手でしっかり握らないと、「手の気やパワー」は伝わりません。清潔な手に手水と塩をつけて、愛を込めておにぎりを握ってくださいね。

おわりに

いかがでしたか?
「気」は微細なエネルギーのようなものだと考えて下さいね。薬ではありませんから即効性をお約束できるわけではありませんが、身近な食材の持つ「気」のパワーはあなたの恋愛を応援してくれるでしょう。
食べ物からハッピーを引き寄せるコツは、その願いが現実に叶った気持ちになって楽しく食べるコト。「どうせダメ・・・。」なんて考えないで、プラス思考でいきましょう。
(ただし、偏った食生活にならないように気を付けてくださいね!)

※九星気学:人間を生年月日によって九つの星に配し、運勢をみる運命学。方位の吉凶判断にも重きをおく。

(美園環希/ハウコレ)

関連記事