あなたは知っていますか?日焼けについての正しい知識


こんにちは!
カラー&ビューティーアドバイザーの筧 沙奈恵(かけい さなえ)です。
暖かい日が続き、春本番ですね!
お昼は強い日差しが気になり「そろそろ日焼けが心配な季節だなー。」と感じている方も多いのでは?
今回は、日焼けについての基礎知識をご紹介します。

1.紫外線の種類

紫外線にはUV-AとUV-BとUV-Cの3つの種類があります。
です。UV-Cはオゾン層に吸収されるため、直接私たちには届かないので、注意が必要なのは、UV-AとUV-Bの2つです。

UV-Aとは、生活紫外線と呼ばれ、肌の奥まで届きサンタン(肌が黒くなること)を引き起こしシミ・シワ・たるみの原因となります。また、雲やガラスを通り抜けるので曇りの日や屋内でも注意が必要!「今日は曇りだから大丈夫!」と日焼け止め無しで出かけたり、無防備に窓際に座るのも危険です。ちなみに、このUV-Aは一年中降り注いでいるものなので、年間通して対策が必要!秋冬でも日焼け止めは欠かせませんよ。

UV-Bとは、レジャー紫外線と呼ばれ、肌の外側に作用してサンバーン(肌が赤くなること)やサンタンを引き起こし、乾燥・しわ・肌あれなどの原因になります。
また、雲やガラスをほとんど通り抜けることがないので、曇りの日や屋内ではあまり影響がありせん。
ちなみに、このUV-Bは4月から量が増え始めて5~8月がピークになります。今からが要注意です!

2.SPFとPAの違い

日焼け止めは「SPF30PA++」などと表示されますが、SPFとPAの違いをご存知ですか?
SPFとはUV-B(レジャー紫外線)を防ぐ効果を表し、PAはUV-A(生活紫外線)を防ぐ効果を表します。
SPF値についてですが、例えば日焼け止めを塗らずに紫外線を20分浴びると日焼けして肌が赤くなるとします。
この状態を「SPF1」とした場合、「SPF30」は20分X30倍=600時間日焼けするのを伸ばせるということです。
また、PA値は「PA+」「PA++」「PA+++」の3種類があります。日常生活では「PA+」もしくは「PA++」で十分でしょう。

3.日焼け止め数値の注意点

ここで注意しなくてはいけないのが、もし「PA30PA++」の日焼け止めを塗ったとしても、決して600時間塗り直さなくても良いということではありません。この数値はあくまで肌が見えなくなる位しっかり日焼け止めを塗って、なおかつ汗などで落ちてしまうことがない場合の目安です。
当然私たちは肌にこんもり日焼け止めを塗るわけでもなく、日中活動して汗をかいたり服やタオルで日焼け止めが落ちてしまう可能性が高いのです。日焼け止め効果を持続させるために、こまめに塗り直すことが大切です。

4.日焼けの盲点

目からも紫外線が入ることをご存知ですか?
日焼け止めを完璧に塗っても目から入ってきた紫外線が日焼けを引き起こす場合があります。
目への紫外線吸収を防ぐため、UVカット効果のあるサングラスやコンタクトレンズをおすすめします。

おわりに

いかがでしたか?
誰もが気になる日焼けについて、意外と知らないことも多かったのではないでしょうか?
正しい紫外線と日焼けの知識をつけて、かしこく日焼けを防ぎましょう。
次回は、日焼け止めの正しい塗り方をご紹介します。
お楽しみに!

(筧沙奈恵/ハウコレ)
関連キーワード