2014.04.25

初エッチのときに彼を燃えさせる言葉・4選


男性との初エッチのときは、あんまりテクニックを駆使して飛ばして行かない方がいいです。大切なのは、彼を上手く乗せて燃えさせる事。彼が頑張ろうと奮起するよう誘導できるかどうかで気持ち良さと今後のパートナーとしての未来が決まってしまいます。

今回は、初エッチのときに彼を燃えさせる言葉をご紹介したいと思います。

1.慣れてないからリードしてね

「あんまりエッチに慣れてる女の子は嫌。自分より経験の多いテクニシャンとかだと引いちゃうし。慣れてない子でリードされたがってる子が可愛いし、頑張ろうと思う」(27歳/メーカー) 

 

男性は、エッチに慣れている女の子にビビっています。「自分が下手だと思われたらどうしよう」と、自分のプライドを揺るがされるような気持ちに陥るからです。「あんまり慣れてないからリードしてね」ということを相手に伝えることが大事です。「この子は慣れていないから自分も本気を見せられる」とエンジンがかかります。恥をかかないと分かったら、開放的にエッチを頑張ろうとするのです。

2.ちょっと緊張する

「やっぱり彼女との初エッチは相手に緊張してて欲しいよね。その緊張感があるから、より興奮するというか。そう言われると自分もちょっと緊張してきて高まるね」(25歳/放送)

初めてのエッチで緊張されないと、女性の神経の図太さに引いてしまいます。「ちょっと緊張しちゃうね」と一言あるだけで、一気に可愛げが出て来ます。特別な行為が始まる演出が大事です。緊張もなく、ただの作業になってしまってはいけません。男性は、緊張している女性にはいつも以上の気遣いを見せようと頑張るものです。

3.恥ずかしいからあんまり見ないで

「恥じらいが全てだと思う。新しく付き合う女の子とのエッチが楽しいのは、恥じらいがあるから。それがなくなって、裸を見られるのが当たりまえになったらお終いだね」(26歳/保険)

男性は、女性が恥ずかしがっている姿が大好きです。照れて隠しているくらいが一番興奮するのです。「恥ずかしいからあんまり見ないで」と制止して、どんどん照れましょう。堂々としていると、彼の興奮はさめてしまいます。

4.こんなの初めて

「今まで付き合ってきた中で、こんなの初めてって言わせたい、やっぱり。自分が特別になりたいし。男はそう言われたら嬉しいからさ。初エッチの時しか言ってもらえないし」(29歳/銀行)

男性は「こんなの初めて」という言葉に弱いです。この言葉を聞きたいために、初エッチを頑張るのです。今まで相手にしてきた中で、誰でもないオンリーワンの攻め方をされているということが男性をより頑張らせようとします。初めてじゃなくても、初めてのフリをしてあげるのがお互いのためになります。

おわりに

いかがでしたか?
 
男性の初エッチにかける思いは相当のものです。その男性を上手く乗せることができるかどうかで、今後の付き合い方は変わります。どんどん相手を乗せて、自分も気持ちよくなりましょう!
 
(岡田トオル/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事