2014.04.29

失恋にはコレが効く!元カレをふっ切るためのポイント


好きだったカレとの恋が終わったり、片想いに破れたり。春は出会いと別れの季節とはいうものの、失恋はいつだって悲しいものですよね。
すぐに気持ちの切り替えなんてできないし、だからといって、いつまでも悲しい気持ちを引きずっているのも、辛い時間が長引くだけ。
今回は、そんな辛い失恋から少しでも早く立ち直れる、ふっ切るためのポイントをご紹介します。

1.思い出は外部保存に

二人で一緒に行った遊園地のチケット、思い出のプレゼント、一緒に写った写真……。
目にしてしまうと、カレとの思い出が蘇ってしまって、忘れたくてもなかなか忘れられないもの。楽しかった思い出を残しておきたい気持ちもわかるんだけど、振り返ってばかりいると前に進めなくなっちゃう。
そんな時は、思い出の品々を写真で残してみて。並べてみたり、角度を変えたり、心ゆくまで撮影したら、現物は処分して、データをまとめてUSBメモリなどに外部保存しておきましょう。吹っ切るためには、落ち着くまで別れたカレとの思い出は目に入らないよう遠ざけておいて。いつか写真を眺めながら、ゆっくりと思い出せるときがくるはず。

2.新しい習い事を始めてみよう

失恋の後って、女性が一番キレイになるとき。このタイミングを逃しちゃったらもったいない!今はリーズナブルなお稽古ごとや、市区町村なんかが無料でやってる体験教室など、習い事といっても多種多様。
恋愛中、カレとの時間にあてていた時間をぽっかり空いたままにしておくと、心もぽっかり空いたまま。せっかく時間があるのなら、自分の趣味や新しい出会いを充実させるための時間に有効活用してみましょ♪
この機会に一つと言わず興味の向いたことにはいくつでもチャレンジしてみて、色々やって忙しく充実して過ごしているうちに、辛い失恋のこともいつの間にか遠くのことになっているはず。

3.友達や近い人ではなく、第三者に話してみる

寂しいときや辛いとき、周りの友達に聞いてもらうのもいいけど、吐き出しすぎちゃうのも考えもの。いくら仲が良くても会うたびに失恋の話を聞かされてたら、相手も疲れちゃう。
そんな時は、恋愛や人間関係を扱うサロンに行ってみて。
サロンでお茶しておしゃべりするうちに、新しく恋愛してみようかなって気が向いたら、出会いを探すくらいの気持ちでお見合いや婚活にチャレンジしてみるのもオススメです。
自分の今までを全く知らない、共通の知り合いもいないからこそ気楽に話せるということもありますしね。

4.失恋は成長のチャンス

恋をしたことのない人に恋愛の相談はもちかけないですよね。
同じように、人生で一度も失恋を経験していない人は、失恋した人の本当の辛さもわかってあげられません。
もちろん、恋が終わってしまったのは悲しいことだけど、失恋したからこそ見えるようになったことや、「次に好きになった人には、もっとこうしてあげよう」と、得たものも必ずあるはず。そういう気づきは、アナタが成長できる大事な種。過ぎてしまったことをくよくよと悩みすぎるよりも、「大切なことを学んだんだ」と思って大事にすれば、この次は今までよりもっと心のこもった素敵な恋愛ができますよ。

おわりに

二丁目では、よく「男のキズは男で癒せ~(笑)」なんて冗談も言われるけど、失恋したときには一人で膝を抱えていても立ち直ることはなかなか難しいもの。
色々な人と会ったり、話したりして、人と触れ合うことが失恋の一番の特効薬。
辛い気持ちをいつまでも引きずらず、ふっ切って前をむくためにも、新しいことにチャレンジしてみませんか?

(吉井奈々/ハウコレ)

関連記事