2014.05.01

男に飢えすぎ!?「彼氏いない歴」が長い女子のドン引き行動・4つ


日々恋愛をしていると女子力にもおのずと力が入りますが、長いこと恋愛をしていないと「別に誰かに見せるわけでもないし…」と、メイクやファッションにも気を抜きがち。

それももちろんいただけませんが、「彼氏が欲しい」「恋がしたい」と思いつつも行動に起こせず、その思いをこじらせてはいませんか?今回は、そんな彼氏いない歴が長いあまりにしてしまったドン引き行動を、20代の女性数名にリサーチしてみました。

1.男性用下着を買って履く

「友達のアパートに遊びに行ったら、洗濯物に何枚も男性の下着が干してあるんです。『え、彼氏できたの?』とおそるおそる聞いてみると、彼女からは『ううん、自分用』という返事が。なんでも彼氏のものだと思って履いていると興奮するみたいで、『ついに男に飢えてここまで来たか…』と思いました」(25歳/製造)

下着によっては男性ものを履いている女子もいるようですが、彼女の場合は彼氏欲しさゆえの行動のよう。女子としての恥じらいがなくなってしまうと、知らず知らずのうちに男運を下げてしまう可能性があるので注意が必要です。

2.玄関に男物の靴をわざと置く

「玄関先に男物の靴をわざと置いていたことがあります。最初はほんの出来心で、宅配の人に「私、同棲してます」とアピール。彼氏がいるフリをしながら、少しでも独り身の寂しさを紛らわしていたんですが。後日、差し入れをしてきた親に『あんたなに考えてるの?』と叱られました」(26歳/IT)

彼氏がいないことのささやな抵抗のよう。事情がわかると周りにはドン引きされるかもしれませんが、罪悪感があるうちはまだ救いようがありそう。素直に彼氏を作る努力をしたいですね。

3.毎朝お目当ての店員さんに会いに行く

「女友達がほぼ毎朝、某ハンバーグ店に通っています。どうやら店員さんに優しくされて以来、好きになっちゃったみたいで。彼氏いない歴が長い人ほど、優しくされるとすぐ好きになるっていうけど、相手に迷惑がられていないか心配です」(24歳/事務)

普段男性と接点がない人はこういった「優しくされると・・・」に陥りやすいのかも。恋のきっかけはいろいろですが、人を好きになりやすい女性は恋愛依存になりがちといいます。気になる人ができたときは、一度冷静になって自分の恋を見直したいですね。

4.女性向けAVを見なきゃ物足りなくなる

「彼氏が長いこといない友達を見ていると、『最近○○の俳優にハマッている』という声をよく聞きます。重傷な子になるとジャニーズのコンサートに行くだけでは飽き足らず、女性向けAVに手を出すのが習慣に。目の保養も性欲も満足できれば男はべつにいいや、と恋愛することを放棄してしまうみたいです」(26歳/ライター)

ひとり暮らしで猫を飼ってしまうようなものでしょうか。イケメン俳優を見ながら目の保養。女性向けAVを見て性欲を解消。恋愛をしなくてもいいや、と思ってしまうのは文字通り、恋愛する機会を遠ざけてしまいそうです。

おわりに

各ステップを見返してみると、目にした男性は「え、そんなことしてるの?」と一歩引いてしまいそう。あなたに好意を寄せている男性もドン引き確実なので、まずは女子としての気品を取り戻すことが先決です。あなたもガツガツするあまり、このようなこじらせ女子の習慣に踏み込んでいないか、普段の習慣を見直してみてください。

(柚木深つばさ/ハウコレ)

関連記事