2014.05.02

いまやるべき!恋愛運アップに効く開運アクション


ゴールデンウィーク、様々な予定を立ててらっしゃることと思います。
5月5日は端午の節句、こどもの日ですが、こどもの日は恋愛運アップのための
開運アクションがたくさん行える1日となるのです。
今回は、こどもの日に恋愛運アップする開運アクションをご紹介します。
今年のこどもの日は「大人も楽しむこどもの日」にしてみては? 

1.節句はもともと陽のパワーが高い!?

こどもの日は端午の節句であり、これは五節句のうちの一つとなります。
五節句とは1月1日の人日の節句(元旦)、3月3日の上巳の節句(ひな祭り)、5月5日の端午の節句(こどもの日)、7月7日の七夕(しちせき)の節句(七夕)、9月9日の重陽の節句と、5つの節句のことを指します。これらの日は、すべて奇数の数字が重なっていることに気付きますでしょうか。
数字を陰・陽で分けると、偶数が「陰」、奇数が「陽」となります。伝統的な年中行事を行う節句の日は、陽の数字が重なる日に定められていて、陽のパワーがとても高い日=恋愛運アップに良い日となるのです。

2.「こども」の存在自体も陽!

「こども」の存在自体も、陽です。幼稚園や保育園、小学校などグランドを無邪気に駆け回るこどものパワーは尽きることがありません。無邪気とは邪気(陰)が無いことを表すため、まさに「陽」そのものです。その「こども」の節句ですから、陽のエネルギーで満ちていることになります。

3.鯉のぼりは恋のぼり

「鯉のぼり」は、「恋のぼり」。恋愛運の上昇を意味します。鯉のぼりは天を泳ぎますので、自然と上を見ることになります。この「上を見る」アクションも、陽のアクションとなります。鯉のぼりはお父さんである真鯉、お母さんである緋鯉、そしてこどもたちと、家族が出来上がっています。自分自身が母親になるイメージで、鯉のぼりを見上げれば、家族がいる方は家庭運がアップ、その他の方は結婚運がアップするんです。
家にミニ鯉のぼりを飾ってみても良いですし、天を泳ぐ鯉のぼりを見上げてみるだけでも恋愛運は上昇します。

4.柏餅のヒミツ 

こどもの日にいただく柏餅、お餅を包む柏の葉は、新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄」につながるといわれています。子孫繁栄は結婚するからこそ子孫繁栄につながるものです。つまりは結婚のエネルギーが含まれているのです。

5.菖蒲湯(しょうぶゆ)で恋の勝ち運を身にまとう

菖蒲湯は、勝負湯。恋の勝ち運をつけることができます。湯船に浮かべれば菖蒲(勝負)のエネルギーが水に伝わり、体全身に染み込みます。

また、この日はこどもたちと触れ合うことも恋愛運をアップさせる開運アクションとなります。機会があったら是非一緒に遊んでみてください。こどもは、あなたの邪気(陰の気)も取ってくれる有難い存在です。あなたの邪気を取ってくれたからといって、こどもに邪気が回ってしまうということはありませんので、安心してください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。何気ないゴールデンウィークの一日も、ちょっと意識すれば最上級の恋愛運アップデーにすることが可能です。楽しく、笑顔で恋愛運を取り込んでください。

(生田目 浩美./ハウコレ)
関連キーワード

関連記事