2014.05.01

男性が「それには騙されないぞ!」と思っている女子のモテテク・5選


モテテクを指南するコラムが、ネット上に大量にあり、それを読んでいる女子が多いと聞きます。男子だってこの『ハウコレ』をお読みくださっていることもあり、男女でおなじネタを知っているということも少なくなくなりました。
今回は、このモテテクは男にネタバレしているので、ひと工夫してみてはいかが?ということを書いてみたいと思います。
題して、男性がそれには騙されないぞ!と思っている女子のモテテク5選。
さっそくご紹介しましょう。

1.ボディタッチ

「合コンでボディタッチしてきた女子と、その後メルアドの交換をしたりしていろいろやってきましたが、結局ボディタッチって、その場のノリだけであって、メールをしても返信がないとか、ごめん彼氏がいるからとか、ロクな結果にならなかったです」(23歳/大学生)

ボディタッチをしたらモテるというのは、もう定番ネタになっていますが、ボディタッチに辟易している男子だっているということです。気がある素振りをして、じつはなんでもないというのが、男にとっては「許せない」という感情につながり、「もう二度と引っかからないぞ」とボディタッチ警戒意識が高まるのです。

2.うっすらブラ見せ

「モテたいと思っているのか、合コンでやたら透け感のある服を着て、下着をなんとなく透かせてる女子がいました。ヤリ◯ンみたいで警戒してしまいます。」(20歳/大学生)

警戒するとかヤリ○ンみたいとか言っているわりに、「ソコ」をしっかり見ているという点が少々残念な証言ですよね。
要するに「露出をすればモテる」というモテ指南があり、それが少々錆び付いてきていると言えます。体目当ての男ばかりが釣れてしまうだけなので、止めた方がいいかもしれません。

3.ミニスカート+脚を組み変える

「ミニスカートを穿いて脚を組み替えるという、昭和のクラブのママみたいなことはやめてほしいです。モテたいのかもしれませんが、なんか安っぽいんですよね」(29歳/会社役員)

これは朗報があり、じつは男子はロングスカートが好きだという調査結果を先日見ました。薄い素材のロングスカートのほうが、想像が沸き立つらしいですよ。あからさまに見せるよりも、見せる気はないのに見えたほうが自然と男心をくすぐることができるので、あまり自分から積極的に露出はしないほうが無難でしょう。

4.手相見せて!と言って手を握ってくる

「手相見せて!と言って手を握ってくるパターンは、合コンでさんざんやられてきましたが、こっちがドキドキして好きになっても、女子のほうがちっとも動じません。もうやめて!」(27歳/運輸)

これはどんどん使ってみるといいと思います。上記1で書いた『気がある素振りをして、じつはなんでもないというのが、男にとっては「許せない」という感情につながる』というのとおなじことですが、ボディタッチのなかでも自然なのでいやらしく感じません。騙されないぞ!とバリアを貼りながらも、男子はドキドキしてしまうでしょう。

5.マシンガントーク

「モテようと思って、自虐ネタなどをマシンガントークする女子がいますが、痛いです」(23歳/就職浪人中)

ずっと聞き役に回っていても目立たないので、記憶に残ろうと必死にしゃべりまくる人がいます。可愛いこの次に、面白かった子や目立っていた子が印象に残りやすいのは事実かもしれませんが、やりすぎは残念なことになります。

おわりに

いかがでしたか?
モテテクは、テクニックだけで使用するから「安っぽく」見られます。テクとハートがちょうどいいかんじで混ざり合ったときに、モテテクは真価を発揮するということで、真心ありきの楽しい恋をしてみてはいかがでしょうか?

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事