2014.05.02

「許し方」がカギ!浮気を乗り越えて幸せになるコツ・4つ


浮気は許す? それとも、許さない?
許すにしても許さないにしても、浮気されるって気分のイイものじゃないよね。だけど残念なことに、恋人とある程度長く付き合ってる女子のほとんどが、浮気される経験をしてるんだ。いま浮気されてないコでも、浮気されたらどうすればいいかを考えておくのはムダじゃないよ。今回は、された浮気を許して幸せになるためにはどうすればいいのかを一緒に考えてみよう。

1.許したあとは持ちださない

浮気されたのはイヤだけど、しょうがないから許してあげることにした・・・こういうふうに決めたら、もうあとになって浮気の話を持ちだしてはいけないよ。

たとえば、ケンカのときに「前に浮気したクセに!」とかって怒鳴ってはダメってこと。彼からすれば、浮気の件はもう許されたと思ってるからね。許してくれたはずなのにまた言ってくるってどういうこと?って思って、今度は彼のほうがあなたに不信感を持っちゃうよ。

2.次の浮気を疑わない

された浮気は水に流して、いままでどおり仲良く付き合っていこう・・・こういうふうに決めたら、次の新しい浮気を疑ってはいけないよ。

たとえば、彼がなかなかデートしてくれないときに「まさかまた浮気してるんじゃないよね?」とかって責めてはダメってこと。彼からすれば、浮気の件はもう謝ったし、これからは浮気しない男だって信じてもらえてると思ってるからね。なのに、あなたがまた浮気を疑っちゃったら、彼はあなたとの付き合いが面倒くさくなっちゃうよ。

3.無言で許さない

浮気を許すのは許すとしても、その許しかたにも方法があるんだ。もともと彼との関係がギクシャクしてて浮気されちゃったっていう場合には、無言で許すんじゃなくて、ちゃんとあなたの気持ちを彼に伝えよう。

たとえば、許したってことを表す意味でごはんを作ってあげるとかじゃなく、彼のことが好きだってことを言葉で伝えよう。本当は彼のことが好きなんだったら、好きじゃないような態度をとるのはやめよう。こうやってあなたの本当の気持ちを言葉で伝えれば、幸せな恋人同士になっていけるよ。

4.笑って許さない

仲が良かったのになぜか浮気されちゃったっていう場合には、怒ったほうがいいよ。「許すってことは、怒らないってことでしょ?」って思うかもしれないけど、実はそうじゃないんだ。

幸せになる許しかたは、まずは怒ってからそのあと許す。もしもあなたが笑いながら許してしまったら、彼は「べつに浮気って悪いことじゃないんだな」ってカン違いしちゃうからね。そうすると、彼は次も悪気なく浮気しちゃう。浮気されるのがイヤなら、本気で怒ってみよう。「彼女は本当にイヤがってるんだ」って彼がわかれば、彼はもう浮気しなくなるよ。

羽林由鶴さんからのメッセージ

浮気されたらもう別れるしかない・・・っていうわけじゃない。浮気を許してあげることで、そのあと幸せになることもできるんだよ。破局の危機を乗り越えて、ますます二人のきずなが強まったり、以前よりも愛されていると思えるようになったりもするからね。そのためには、上手な許しかたをしなきゃいけない。いまはまだ浮気されていないとしても、万が一のときのために、「浮気を許して幸せになるコツ」をつかんでおこう!

(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事