2014.05.04

もっと感じるカラダになるヨガポーズ・4つ


前回「美膣」になるために骨盤を意識しようという記事を書きました。楽しみながらエッチボディを作るのにヨガのポーズは効果的。性感を高める身体をめざすヨガのポーズ。ヨガの講師のシャンティ恵美子さんに4ポーズを教えていただきました。無理をするとケガをするので体の声を聞きながら行なってくださいね。満腹時は避けましょう。

1.まずはアタマもカラダもリラックス

女子にとって重要な骨、それは仙骨です。骨盤の真ん中、背骨の下の方にあります。女子は仙骨の前に子宮、卵巣があるため、仙骨を意識したポーズは性感アップにつながります。

まず仰向けに寝て目を閉じ、仙骨に意識を集中させます。たままの姿勢で脚を約30度に開き、腕は体から少し離して手のひらは上向きに。体の力を抜いてゆったりと自然呼吸をします。3分から5分行いましょう。
ヨガのポーズをする前もエッチの前も、リラックスモードに切り替えることがとっても大切なのです。

2.ちょっときつい程度の開脚

まず、床に脚を伸ばした状態で開脚して座ります。背筋を伸ばして息を吐きながら仙骨を床に垂直に立てます。一度息を大きく吸い、ゆっくり吐きながらももの内側がきついと感じるくらい下腹部を前に突き出して前屈姿勢に。これを2回繰り返します。きついと感じたら膝は曲げてかまいません。開脚の幅は90度から始めて、徐々に180度開脚をめざしましょう。股関節が自由自在に動くとエッチのときに様々な体位に挑戦できます。股関節が硬い女子は「イタたたっ!」と言ってしまうのでカレが遠慮してしまいます。
彼の腰に脚を巻き付けて離さないスネーク技も、股関節が柔らかくないとできませんよね。

3.セクシーキャットのポーズ

猫が背伸びをするポーズと言われます。まず四つん這いになり、肩の下に手首がくるようにします息を吐きながら背中を丸めおへそを見ます。息を吸いながらでおしりを後方に突き出し、背中を思い切りそらす。目線はなるべく上です。腕と太腿は前後に動かないよう固定して、仙骨に意識を集中してください。慣れて来ると、彼からバックで攻められてみたくなりますよね。
彼女が猫のように背中をそらして感じる姿を後ろから見ると・・彼は萌えるのです。

4.セクシーフィッシュのポーズ

仰向けに寝て、両手のひらを腰の下に入れます。頭のてっぺんは床についたまま、反り返りながら背筋と肘で胸を天に押し上げます。頭頂と両肘の3点で身体を支えます。最初は10秒、だんだん30秒へと伸ばしてみてくださいね。ポーズ時、脚をピンと伸ばし仙骨を意識し、膣を締めるように。首に負担がかかるようなら無理をせず、最初は頭の部分に毛布など置いてください。このポーズは、張りのあるバストをつくると言われています。

終わりに

ヨガは続けるうちに身体がしなやかに動くようになるだけでなく、オンとオフの切り替えができるようになります。ベッドで緊張するとすてきなセックスができません。ヨガでしなやかなボディ、美膣を手に入れると同時にリラックス上手な女性をめざしましょう。

協力:ヨガ講師  シャンティ恵美子

(二松まゆみ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事