2010.08.14

iPhone4の初期設定の仕方



2010年6月24日に発売されたiPhone4。

今回、初めてスマートフォンを購入したので、iPhone初心者の私が実際に設定をおこなって説明していこうかと思います。

(1)Appleのサイトから「iTunes」をダウンロードする



Windowsを使用している方は、Appleのサイト(http://www.apple.com/jp/itunes/download/)からiTunesをダウンロードして、指示に従ってPCにインストールしてください。

Macを使ってる方は、最初からiTunesが入っているので大丈夫だと思います。

Mac版のiPhone4のシステム条件は以下のようになっています。
  • Mac OS X v10.5.8以降

昔のMacを使用してる方は最新版のiTunesをインストールできないことがあります。


(2)「iTunes」を起動して「サインイン」を選択



インストールしたiTunesを起動させます。iPhoneアプリなどをダウンロードするためには「Apple ID」のアカウントが必要になります。

持っていない人はメニューバーの「Store」⇒「サインイン」を選択し登録を。

すでにアカウントを「Apple ID」のアカウントを持っている人は「サインイン」を押してください。

「Apple ID」を持っていない人は(3)へ
持っている人は(4)へ

(3)「Apple ID」の取得




「新規アカウントの制作」をクリックして、「Apple ID」を取得するために必要な項目を入力しします。

「iTunes Store」の決済は「iTunesカード」と「クレジットカード決済」がありますが、どちらも後から切り替えが可能です。



(4)「iTunes」にサインインする



「Apple ID」の登録が完了すると、自動的にサインインします。

iTunesの画面右上に「Apple ID」で登録したメールアドレスが表示されます。

アカウント情報を変更したい場合、アカウントのメールアドレスの部分をクリックすると編集画面に切り替り、アカウント情報を編集することができます。


(5)microSIMカードを挿入する



iPhone4の側面にある小さな穴。
付属のピンでmicroSIMカードの挿入口を出します。

矢印の方向にグッと押すと「カチッ」と音がするので、そしたらmicroSIMカードを本体に入れましょう。


(6)付属のケーブルを使用してiPhone4とパソコンを接続する


付属のUSBケーブルで「iPhone4」と「パソコン」を繋ぎます。



USBケーブルで接続すると「iTunes」が「iPhone4」を自動で認識します。



画面左に「○○○のiPhone」と表示されていれば設定完了です。



画面右下にある「同期」を押すことで音楽や写真などを同期することがでます。



これで初期設定は完了です。

関連記事