2014.05.09

「30代、バツなし、お金持ち」な独身貴族男子に結婚を意識させるコツ


仕事が出来る彼。デートはいつも美味しいお店に連れて行ってくれるし、車も持ってるし、話題も豊富。結婚するなら絶対彼みたいな人がいい!って思っているのに彼からはプロポーズの気配すらない。

そんな攻略の難しい独身貴族の男性と結婚できた女性達にインタビューしてきました。

1.男性は、女性が考えているより保守的

「彼は大人だから何も言わないんだと思っていたけれど、実は私が同僚や男友達と飲みにいったりするのが気に入らなかったみたいで、結婚する相手としては見てくれていなかったらしいんですね。彼の男友達からそれを聞いて。どうしても彼と結婚したかったので、飲み歩く生活を改めて家庭的な女子になるようにしたら結婚の話につながっていきました。」(25歳/美容師)

男性は、私たちが考えている以上に保守的です。また、他の男性とふらふら遊び歩くような女性は結婚相手としては考えにくいもの。女性はそれを知っておくべきでしょう。

2.他の女性にない、特別なものはある?

「一緒にいても結婚できないと思って、別れたんです。そしたら私の存在がないと楽しくない、って彼が思ってくれたみたいで。彼から復縁を申し出てきてくれて、同時にプロポーズされました。」(24歳/保育士)

もしあなたから別れを告げた時、あなたの存在が他に替えられない大きなものだと気付いたら彼は必死に引き止めてくるはず。結婚しないとあなたを失うと思ったら結婚が嫌だなどと言わずになりふり構わず引き止めてくるはずです。他の女性がかなわないくらい尽くしてみるのも手かもしれません。

3.男性は女性よりも結婚の年齢制限がゆるい

「結婚したい、って言うのをある時期から一切辞めたんです。そしたら、私の気持ちが離れているのかと焦ったみたいで急に彼のほうからプロポーズしてきました。」(33歳/専門職)

子供を早く産みたい、仕事を早く辞めたい、というのはあなたの都合であって彼の都合ではないんですよね。彼の立場で考えると、男性は女性より年齢制限がない分、なかなか焦ることがありません。あなたの焦りを感じると引いてしまうかも。

4.彼の親に紹介しても恥ずかしくない存在?

「よく実家に帰る彼。一度も親に会わせてもらったこともないし、一緒に来る?とも聞いてくれない。悲しいなと思っていたけど、ある日思いきって聞いてみたら『うちの親うるさいから、そんな派手な爪してる子なんか連れていけない』って言われたんですね。ショックだったけど、ネイルもやめて髪も黒くして、服も地味にしました。そしたら彼もすっごい嬉しそうで次の帰省のときに実家に連れていってくれて、彼の親のプッシュで結婚への話が進んだんです。」(31歳/女性)

年齢がいけば行くほど、親に気に入られる完璧な女性を選ぼうとして結婚できなくなるのが独身貴族なんです。自分が親に会わせても恥ずかしくない女性かどうか、を客観的に知りたければ、「いいお嫁さんになりそう」と普段からよく人から言われるかどうかで判断するといいかもしれません。

おわりに

散々いろんな女性からモテている男性であっても、心のどこかでは落ち着いて幸せな結婚生活を送ることを夢見ているもの。
一生独身でいいやと思っている人はなかなかいないのです。

(上岡史奈/ハウコレ)

関連記事