2014.05.10

自撮りで盛れる写メを撮る方法


ブログやTwitter、Facebook、皆さんもご存知のとおり沢山のSNSが存在しています。美味しそうなご飯は勿論、今日のコーディネート、ペットの写真。様々な投稿写真がSNSにアップされていますが、その中でも1番技術力がわかれる写メ・・・それは【自分撮り】です!!!!!
いわゆる「自撮り」は、その人の「個性」そして「美的センス」が問われるので、SNSに投稿する際1番注意して投稿しなくてはならないので以下の事に注意して撮影をしてみましょう。

1.白壁や、白い机を見つける

基本的にバックや床が白いと、レフ版のような効果が生まれるので白い場所があったらそこで自撮りしてみましょう。いつもより肌のトーンがワントーンあがります。たとえインカメラであっても割と鮮明に撮影できるので是非試してみてくださいね。昼間に太陽光の入った白壁なんて最高です。自撮りをするなら、まずは白いもの探しからスタートです!
そのうち、ここの白壁イイ!・・・みたいな自分なりの自撮りスポットが見つかる事も。写メの鉄板スポットとして覚えておくと自撮りする時凄く楽チンですよ~。

2.自分に合う服の色を探す

次に注意すべきは、色!自分のスマホ等のカメラフォルダを1度チェックしてみてください。よーくフォルダ一覧を眺めると、「この色のトップスを着てるときは顔がハッキリしてる!」という色が見つかるはず!!!

実は、メイクや髪の毛の色によって写メの映えかたは全然違うんです。トップスの色に注意して「あ、アタシはピンク系を着てた方が明るく見える!」などの自分に似合う色を探してみて!
「トップスの色」によっては顔がぼんやり見えたり、いつもより顔色が悪く見えたり浮腫んで見えたりするので要注意です。

3.背景に注意を払う

自撮りのちょっとした隙間に見える背景・・・それも自撮りの一部なのです!チラリと映った背景に脱ぎっぱなしの服などが置いてあったら、せっかく可愛く撮影できても全て台無しです。
チラリと隙間に見える背景も注意して撮影すると、全体のオシャレ感も違います。自撮りをしていると自分の顔にばかり注意が行きがちですが、背景にも注意を払うことを忘れずに!

4.自分の得意なライトを見つける

これはお店やお家などのライトの事です。「黄色」「白」「ブルー系」「レッド系」オシャレなお店などでは特にこだわりのライトがあったりしますが、【自分の得意なライトの色】があること、知っていましたか?
これは自撮り以外にも合コン等でも応用できます。「あれ!?このお店で撮影する時っていつも盛れてる・・・!!!」等と感じたら、その色が自分の得意な色のライトです。
盛りスポットとして覚えておけば、一石二鳥ですね!逆に「このお店、いつも写真が盛れない・・・」と思う時もあると思います。それは「苦手なライトの色」なので、どのライトの色が苦手か、頭の中に入れときましょう。

おわりに

そして、最後に番外編ですが・・・・・・・・・・【夜の自動販売機の前】で撮影してみましょう。
なんと!夜の自動販売機は穴場自撮りスポット。暗いところに自動販売機の明るいライトがあたるのでコントラストも抜群!1度夜の自動販売機の前で自撮りしてみてください。いつもより盛れるはず!
頑張って自撮りしたはいいけど、いざアップしてから「この自撮り怖い~」とか、「この写メヤバくない?」とか友達に言われないように、【自分に合ったシーンと色】を探して、可愛くオシャレに自撮りしてみてくださいね~!

(浜田ブリトニー/ハウコレ)

関連記事