2014.05.11

男子が「オレ、カッコいいでしょ?」と思いながらやっていること・5つ


こんにちは、ぽこひろです。
みなさんは、「ミサワ」って知ってますか?
知らない人のために簡単にお教えすると、まあ要するに、“カッコつけ”ってことです。
みなさんのまわりにカッコつける男子っているんじゃないでしょうか。
今回は、そんな「男子が『オレ、カッコいいでしょ?』と思いながらやっている仕草」を暴露してみたいと思います。
男子としては迷惑な限りではありますが、女子にみなさんには何かのお役には立つはず(笑)!
20代男子30人に真剣に正直にお答えいただきました。

1.指の骨パキパキ

「ついやってしまうのは、指の骨をパキパキ鳴らすこと、かな……。まあただ単に手持ち無沙汰なときにやっちゃうってのもあるけど、なんとな~く男前感を出そうとするときにもやってしまうかも」(22才/大学生)

指の骨って、口笛みたいに、鳴らせる人と鳴らせない人とがいます。だからこそ、鳴らせる人はそれを誇示してしまうのかもしれません。
近くで座っている男子から、「パキ、パキキ」という音が聞こえてきても、笑ってしまわないようにしましょう。

2.女子と話しながらあくび

「女子と喋ってると、なんか緊張して顔がニヤけちゃうから、あくびしてるっぽい顔にしてそれを隠そうとしてる。あんまり気合入ってない感じも、女慣れしててカッコいいかなと」(24才/グラフィックデザイナー)

これはもはやミサワで見たことすらあるような、あるあるネタかもしれません。
女子に話しかけられ、「なんだよ、かったりいなぁ」という感じを出すためにあくびをしてしまうのは、男子なら中学校、高校、大学のどこかの段階でやったことがある超定番。
見つけたら、心の中でクスクス笑いましょう。

3.噂話に気づいてないフリ

「部屋の隅で、明らかに自分のことを話されているけど、聞こえてないふりでそのまま作業、っていうのはよくやっちゃうね」(29才/公務員)

「え、オレのこと話してるの?」と言ってしまわず、あえてそのまま泳がせておく。これはカッコつけなのかどうかは微妙ですが、自意識の表れであることは間違いないでしょうね。

4.彼女を「女」呼ばわり

「彼女を友人に紹介するとき、『これ、オレの女』って言ってたら、裏で笑われてたらしい。自分のもの扱いなんて、今どき古いのかな」(28才/トレーナー)

ひょっとしたら、彼氏にこんなふうに呼ばれてみたいと思っている人はいるのかもしれませんけど、どちらかというと最近は女子に対して「お前」と呼んだり、彼女を「オレの女」と呼んだりするのは評価が低いみたいですね。偉そうにしている感じが出てしまうのが原因かも。

5.「オレが全部悪かった……」

「前、『別れちゃったのは全部オレのせい』って言ったら、『カッコつけるなよ!』って女子に怒られた。自分を悪者して、罪を償ってます的なのがムカつくらしい」(23才/大学院生)

「オレがアイツを幸せにしてやれなかったんだ……」みたいな。たしかにウザイですね(笑)。

おわりに

いかがでしたか?
みなさんもこういった男子に出会ったら迷わず「ウザイ!」と言ってあげましょう。こういう人は、言われないと気づきませんから……。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事